« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/16

NCを観て

実質、NCを見たのは5月の軽井沢であったが、正直その時は遠目で現車を見た…だけ。
座席に座ったり動かしたりする事は残念ながら出来なかった。
そろそろ発売間近の3代目、ロードスター。全国のディーラーさんでは試乗車がデリバリーされ始めてますね。
街中で見るのも、もうじきとなったNCだが、この度軽井沢の時と違い1人でゆっくりと眺める事が出来ましたので、 ちょろっと感じたことを書いてみましょうか。
その車は6速ミッションを搭載し、足回りはBILSTEINが装着されるRSでした。

軽井沢で見た時は「思ったより小さい」と言う印象だったのだが、実際にはデカいな^^;

その大きさはドライバーズシートに座った瞬間感じましたね。助手席ドアトリムまでの距離が遠い…。
もう一度車を降り真正面から車を眺めてみる。うん、やっぱり大きい。
ロードスターに乗っているというよりも、違うメーカーの3ナンバーオープンスポーツカーに乗っているという感覚。
これは現在の衝突安全をクリアするためには致し方無い事で、安全が厳しく求められる現在の車作りを感じさせられましたね。
こうなると弄りによる更なる軽量化というとお金がかかる図式となりますな。

          …(^^;

ま、補強していく事でどうしても避けられないのは重量増しだからね。そこでメーカーも頑張ったグラム戦略… それはさぞかし大変だったろうなと思う。質感を落とさず軽量化するなんてメーカーしか出来んわな。
だからこれ以上の軽量化を考えたらもう部材交換しかないもんね。さぁ、お金を貯めよう!<笑
大きな部分で言えば、ボンネットの軽さが目立ちましたね。あと目立って軽そうと感じたのは、エンジンルーム内の プラスティックパーツかな (笑

i010_02

しかし、このNCの車両重量、ちーたんが1080に対してNC5速仕様が1090。その差たった10キロかよ~チッ!悔しいな… 軽量化するにあたってはまずは目標1tじゃないの?
そんな事も視野に入れてチューニングすれば面白いかもね。

このRSに装着される17インチホイールはこのボディとのバランスを考えたら全く違和感無く納まってる。
純正ホイールのデザインも年々良くなってきたね。メーカーさんもアフターパーツのデザインを良く研究してるんでしょうね。
あと0,5J太めのリムでオフセットもあともう少し冒険できれば、ひとまず見栄えも機能も満たされそう。
例えば5穴専用の5ミリ、6ミリぐらいのスペーサーなんか作っても面白いかもね。
まぁ、ホイールはとっとと社外製にしてやはり動き・機敏さ・デザインに剛性など、同じ17インチで出せたら、もぅそりぁ言う事無いね。
あとは今時のラジアル噛ませたら、取りあえずプチ最強でしょうな。<笑
どこのサーキット行っても取りあえずそのまんまでも楽しめそうだよね。

車高は軽井沢で見た時よりも低いですね。ま、低いといっても日常使っていて不便さを感じない車高ではあるのですが、 軽井沢で見た時の高さでは無かった。あれは何だったんだ?^^;
もっとも5速と6速、あと装備の違い、グレードの違いなどで若干車高は変わってくるのでしょうが。
お店的にはNAやNBでもそうだったように、足回りでも、バネレート・ショックの皿位置やバンプラバーなども、 事細かによく考えてリリースしないといけないよね。

i010_01

ところでサードジェネレーションリミテッドに採用されるクロス製のクロストップ、これは流用したいね。 来年初頭にはウェブチューンモデルも出るだろうが、是非3代目はクロスの質感があるといいね。
HIDも明るいね。実際には4000そこそこの色温度だろうが、HB4でもH7でもバーナーは換えられるからね、 これも楽しみの1つになるのかな? ま、一先ず走り仕様としてはN-0仕様にすれば相当ポテンシャルのあるNCになるんでしょうね。
あ~書き出すとあれもこれもってなってくるけど、今日はここまで。

予約を入れた人は、こんな事ここ数日ずっと思ってるんじゃないの?<笑 いいなぁ~

| | トラックバック (0)

2005/08/02

暑いですね~

夏だからね~暑いに決まってます。
人間も暑けりゃ、車だって熱くなってます。
仕事が終わり日が暮れても車に乗り込むときは、ムワッ!と熱い空気が残っています。
当店の砂利駐にいつも止まっているちーたん号ではあるが、この駐車場、とっても日当たりが宜しい!

i009_04

よって、流石に室内パーツも溶けそうだ…
事実、ZOOMさんのワイドミラーがシフトレバー付近にポトッと落っこちてましたし。
<熱によって粘着が弱くなり剥がれ落ちた>

という事で、今回はMADE IN U S A 本場アメリカの直射日光をも遮る

COVERCRAFT社

のフロントウインドゥのサンシェードを紹介したいと思います。

i009_03

i009_01

本場アメリカ仕込みされたこの製品は、そん所そこらで売られているサンシェードとは違い造りもしっかりしてるし、厚みもある。
表面は日光を反射するようによくカメラマンが持ち歩いてるような丸いあの物体??
<名前、何だっけ?>のようだ。 ←レフ版?(編)

あと、製品自体の耐久性も相当高そうです。
こいつ1つ持ってれば、楽に5~6年は使えるでしょうね。

折畳式になってるから、夜帰る時にぺたっぺたっと折り曲げて、コンパクトにしまえ、
後部荷台に置いておける。
NA・NB専用設計になってるから、それも親切だよ。
数日使用してますが、室内の温度も有るのと無いのとでは雲泥の差!です。
ダッシュボード等の樹脂系パーツを守る為にも絶対に欠かせないアイテムだ。

i009_02

青空駐車の方には是非お薦めですぞ!

お値段、税込み6,825円です!

今日は製品紹介になってしまった。では~

| | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »