« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/30

NR-Aのロールバー

NR-Aです。
ロールバー、その他諸々取付しました。
IMG_6011
苦肉の策という部分もあったのだろうが、それでもよく出来ています。
でも、重いな~~~^^;
目茶目茶重量増しになる。

IMG_6015
リア廻りは穴あけしなくて良いのですが、付く所にしか付かない
この手のロールゲージは少しでも取り付け箇所がずれると他に
しわ寄せが来るので、1本1本確認しながら慎重に作業を進めます。

IMG_6019
こういった所も純正であった補強をしっかり生かせるよう設計されています。

IMG_6031
パッド巻きも完璧!!

IMG_6022
大分出来てきました。

IMG_6034
4点ベルトはここから引っ張ります・・・

IMG_6026
でもでも、折角のエアロボードが立てなくなるし、

IMG_6088
NO~~~~~!
グローブBOXが全開しません・・・
付け方間違えた?いえいえ、合ってます合ってます(笑)
マジカヨいさぢ

IMG_6053
あと3連メーターを付けました。
流石、純正。これはフィット感抜群!

IMG_6066
新車は気を遣いますので逆に神経が疲れます。

IMG_6080
完成!です。
目茶目茶圧迫感有ります。

IMG_6036
う~~~ん、ビミョー
俺は絶対付けません。
でもNR-Aの人は付けなきゃ出られませんからね。
でも3連メーターは欲しいぞ。












|

2006/08/29

個性

確認しておきたかった事があったんだ・・・

STAGEの田畑さんとはそんな事、何も言わなくても
お互い通じ合ってたんだから笑える。

『んで、ストリートはどうなのよ?』って話。

STAGEのKONI車高調のNC用は以前からのダイアリー
で開発状況が公表され、物凄く興味が有った。
DFVと乗り比べる絶好のチャンスだ。
STAGE・KONIのバネレートはFr8k Rr5k
DFVより前後1kずつ硬い仕様である(DFVは7k 5k)
取材終了後、お互いのNCを取り替えサーキット外へと飛び出して
試乗してみた。

IMG_6992
STAGE・NC1001号に乗り込む。
まずシートの感じが中々良い。STAGEオリジナルエスケレートが
心地良く体を包み込んでくれる。気持ちが良い。
アイポイントも遠くも近くも見て取れる安心ポジション。
クラッチを踏み、セルを廻す。
キュキューン
ギアを1速に入れる。
カチ!!
おっ!田畑さんのギアリングの優しさがその入り具合で感じ取れた。
そしてゆっくりクラッチを繋いでサスの初期の動きをキャッチする。
おぉ!!
優しい、優しいぞ、この当りの優しさはまさに・・・あれ(笑)

まず筑波1000の出入り口には大きな段差がある。
タイヤはダンロップの215の40・・・
コトッ!
プッ
まんまチョコバナナやん!
(NAチョコバナナC溝ノーマルか、5mm上で組んだような乗り味・・・
って言っても田畑さんにしか通じないか?)

『いさぢさん、ブレーキ初期利かねーから』
と言われてたのでそっとブレーキに足をかけてみる。

ガンッ!ギューーーーーーーーーーー
ではなく、スゥーーーーーーゥギュ、と言った感じ。
まんまNA風なのである。

何か、オーナーの気持ちと方向性がハッキリしたデモカーだな~
確かに乗ってる車はNCEC、間違いなくNCなんだけどな~
NA乗りだった人がNCに乗り換えてしばらくしてNAが恋しくなり
このSTAGE1001号に乗ったら絶対笑える。
昔を懐かしむ良いチューニングが施されているのである。
凄い。

普通に乗れる。
普通に口笛を吹きながら肘をドアにかけツーリングの楽しさ
オープンエアの気持ち良さが感じれるではないか。
細かい路面の凹凸もコトコトコトと上手く追従し、これなら
助手席の彼女も絶対不満は言わない。
やるな~田畑さぁぁぁぁん。
1個目の信号でUターンするつもりだったのだが、もう少し先まで
走ってしまったよ。
早く製品化しましょう!これは売れると思います。太鼓判押します。
サーキットでも一緒に走りましたが、オープンデフなのにタイムも
パンダとそんなに変わらなかったよ、腕も有るけどね。
でもそこまで走れるよという証にはなりましたね。

で、結果的にDFVもそれ程変わらないという意見で一致。
パンダ号はその時減衰を戻しすぎて、田畑さんに試乗をお願い
した時は少しバタ足だったけど、その後最強から10段戻しで丁度
STAGE・KONIと同じ乗り味になったと思う(笑)
(次回筑波決戦とき、もぅ1回乗ってみてね♪)
でも忘れられないほど柔らかく、適度に踏ん張りがあってしっかり
追従する足でね・・・その後ノーマルタイヤに戻したと聞きましたが
そりゃ、笑えるこっちゃと思いますがね。
勿論1k硬いとは全然感じさせない、いやいや、忘れてしまうほど
良い減衰出してました。

崩さずこのままでいって欲しいな、STAGE1001号・・・
そう思いました、有り難う、田畑さん

IMG_7013

|

2006/08/27

TC1000へ行って来ました

22日筑波1000へ行って来ました。
OHLINS DFVにしてからは初めての走行。
まずお盆前に大体こんなもんか?・・・という簡単な調整はして
おいたのである程度走りのイメージは出来ていた。
んが、そんな思惑通りに行くのだろうか?

ブレーキかければ即座にフロントへ荷重が移り、舵を当てれば
フロントのグリップがそれに応え、あとは踏み込めんでいけば
行きたい方向へ進んでくれるという図式がさ。

だけどやっぱこういう特定のオリの中を走らせると、そーそー
甘くは無いんだよ。

DSC_5500

IMG_6957
見た目ではしっかりロールし足も動いてるように見えるんですが、
やはりクリッピングポイントを過ぎてもアクセルに足が移せないほどの
アンダーステアが強い。グイグイ村尾さんも開口一番
「アンダー強いっすね~」である。
これは今に始まった事ではない。
このようなミニサーキット、特に1000のようなストップ&ゴーが連続する
サーキットではコーナーのアプローチで積極的にテールを流し・・・
なぁ~んて、NAやNBで出来た技も通用しない。
タイヤ、足、デフ、アライメント・・・総合的に上手くバランスがシンクロ
し調和したNCがこういう所では速いのだ。
積極的に曲げられ、前へ前へ蹴って行ってくれるセットアップな訳さ。
ここ筑波1000の面白いのは、オーバーな車は顕著にオーバー、
アンダーな車は顕著にアンダーと物凄い分かりやすいです。
なのでセッティングするには持って来いのサーキットなわけよ。

IMG_6967
逆にオーバーステアで悩まされてたのがブライトニング号。
それでも足のセッティングで大分動きもニュートラルになったみたい。
IMG_7000
日本ではNC初!と言って良いんじゃない?
後付けロールバーでは、初めて見た4点式ロールゲージが装着されて
おられました。いいな~
でも、幌取るのは、ちょっと気が引ける。
ま、割り切りが必要ってとこなんでしょうけど。
ま、俺も時間の問題かな・・・(笑

IMG_6968
一先ず休憩。
この日は相当暑かったので、車も堪えるわ。
折角こんなにNCが集まる事も無いので、他ショップさんの車も
いざ、見学開始!!

IMG_6977
マルハの才次さんに対しSTAGEの田畑さんがマーレーの
ピストンについて聞いてるの巻き。
「サイジさん、実はもうすぐ筑波決戦って言うのがありましてね・・・・」

IMG_6985
ぬぉぉぉぉ!
パワーエンタープライズさんが持ってこられてたスーチャーだ。
走行中もストレートは速かった。
熱対策はしっかりやりたいな。

IMG_6976
RACEでもお世話になってます、ドゥエンジニアリングさんのNCも
ラムエアインテークなるものが装着されておりました。
効果ありそうですね。
田知本さん、これってお幾らマンエン?

IMG_6971
オートエグゼさんのNCもラムインテークが付いてまして喉から手が
出るほど欲しいんですが、高いんです。^^;
でもホットバージョンでも土屋圭一が絶賛してたこのオートエグゼ
NCロードスター。ルックスもまとまってる。

そんなエグゼのバンパースポイラーを身に纏ったNCがこれ、
IMG_6996
CORNSロードスター。
マーブルホワイトにエグゼのバンパーはシンプルそうに見えて実は
かなり派手!でもカッコ良かった。

IMG_6978
あら、
まだくっちゃべってる

IMG_6999
ノガミさんの所は撮影に入りました。
野上さんの所もDFVなんだけど、フロントのアッパーがブッシュなのね。
流石こういう所は大人の演出をされてますよ。
『アッパーブッシュはノガミプロジェクト』
あーもーこれ代名詞になりつつあるな。

『はい~ジョイサァン~』
うろついてると、ウチの順番になって来て
IMG_6998
えっさ、えっさ、とタイヤを外し、

ついでにストロークのチェックは見逃さない (笑

IMG_7004
僕と並んで車を用意していたディーテクニックの出来さん。
NR-A車両を持ってこられてました。
専用のBILSTEINで車高を上手く合わせられていて、明日のNR-A
合同練習を間近に控え、いよいよ本番といった所。
こういったワンメイクこそ、ノウハウの塊なんだよね。

今日はここまで。

|

2006/08/26

夏の思い出2

今日こそは、今日こそは・・・と思いながら、
やっと書けたよこのブログ。
メールの返信もようやく落ち着きを取り戻し、
今日土曜で預かり車も大分納車出来ましたしね。
早いもので今月ももぅ終わりですよ。

今月もまた色々な出来事がありました。
亀田戦に始まり、ハンカチ王子斉藤君
の高校野球。
田舎への帰省、サーキットでは沢山のロードスターショップの
社長やオーナー様との再会や、突如TDLから当店へ襲撃に
来られた、この方とも再会できたのであった。

IMG_7018
インテグラル神戸の安藤社長。
わざわざ神戸から・・・m(__)m
猛烈に感謝感激 ^^; 
いつか我も襲撃せねばと思ってますがな

IMG_7017
うんうん・・・
流石はTDL帰りじゃ
インテグラルWISH号は思いっきし、家族専用マシンであった(笑

その後安藤さんとはNCのサスペンションにおけるコンプライアンス
変化やアライメントについて談笑。前後キャンバーやキャスタ角、
ブッシュの適度な規制に於いてはお互い確認し合えた事もあり
凄く有意義な時間でした。
NCパンダ号もフロントアンダースポイラーといい、マフラーといい
トーコンもすべてインテグラル神戸製で固めていますからして、
インテグラル神戸の今後のNCパーツに目が離せません。
特にNC N-ZEROスペックマフラーはお薦めだよ!
僕も超お気に入り♪
あとね、もう1つ欠かせないアイテムが、これ

IMG_7026
グレースカットミラー。
これは物凄く重宝してるのよ。NA8sr2用、NB用、NC用の設定。
HIDが来ても眩しくない!
近くパーツ更新します。







|

2006/08/23

夏の思い出

今日、暦の上では暑さが落ち着く日とか何とかで。
でも、まだまだ暑いっスね
1千万人のいさぢファンの皆さん(ないない)元気でしたでしょうか?
そぅ、復活しましたよ、今日やっと現場に。
6日もホッポリ投げてたネット環境でしたから。
さぞかしメールも溜まってんだろうな~と思ってましたが
案の定・・・ま、半分はスパムメールでしたけど ^^;
とりあえず今日1日ではALL返せないので、まだ返事の届いていない
方はもう少し待っててくださいね。

と言う事で、この6日間でネタ満載です。
毎年恒例のお墓参りアーンド子供たちの思い出作り。
初日は郡上八幡近くに流れる川へ行ってきました。

IMG_6796
都会では考えられません。
この透き通った水は何なんだ!!
魚も気持ち良さげに泳いでる。

IMG_6834
お茶もこんな感じで冷やせちゃうし♪


IMG_6826
皆、大満足!
来年も此処来よう♪穴場です

IMG_6777
あまりはしゃぎ過ぎると、鮎釣りの人に睨まれますが・・・(笑

IMG_6819
手前の雲が邪魔だった。
しかし、入道雲も田舎はスケールでかっ!(笑

IMG_6807
後半、下の娘は石に興味深々(笑
もっぱら自分の気に入った形の石を探し回ってる

IMG_6841
しかし本当に此処は最高でした。
都会の雑踏から離れ、完全に心も体も伸びきってしまった。
5日で飽きる・・・と言われましたが田舎はえぇよ~










|

2006/08/16

スペースレース

戦後、アメリカとソビエトは冷戦の時代へと突入しました。
そんな時代を克明に描き、両国の宇宙への野望と技術の
競い合い、見ていて意地をも感じるのだが、そんな海外
ドキュメントが当時の本物の映像を交えながら、今週
1週間NHKで放送されている。

『冷戦と二人の天才・有人宇宙飛行 米ソの激闘』

第1話の今週月曜日からHDDに録画して見てますが、
メッチャ面白いです。
今日あたり一番盛り上がりそうだ。
有人飛行が実現した裏側はこういったプロセスが
あったのか、とトイレ休憩もさせてくれないほど、
食い入って見てしまう。そもそもNHKなので見る前は
トイレに言っておく必要があるが(笑

今日の晩はそれを見てから、田舎へ里帰りするつもり。

夜動けばETC割引も利くしね。
i‐Podも準備OK。

22日までブログはお休みです。
(お店はやってるよ)

そいではまた。


|

2006/08/15

車高の調整と車重を見る

先日OHLINS・DFVを吊るしの状態で富士スピードウェイを走って
来ましたが、アンダーステアの症状が強く出ていたので一先ず
車高を基準値から思い切って10mmケース長を詰めてみました。
これによりフロントの接地感が上がり、グリップも引き出しやすく
なったので平均タイムも上げられましたし、高速富士では、
車高を下げる事で空力的にも有利です。勿論このままでは
納得する訳も無く(笑 現車を確認した所、まだ全体的に
車高が高かったのと1G状態ではまだサスペンションアームの角度
にも余裕があり、リバンプストロークも余裕があったのでもう少し車高を
下げてみる事にしました。ここからは数mm単位でとなります。
ここで行ってるのはまずアンダー・オーバーの調整です。

IMG_6763

車高を調整しているとメカニックのドラ氏が
『しゃちょ~パッド無いよ!』
と言うでは有りませんか!
見た所・・・・

IMG_6764

ありゃりゃりゃ............^^;
ペラペラになっちゃってました。
(ローターはギリギリ無事だったが次は交換かな・・・)
ま、パッドはすべて使い切りました(笑

車高をある程度決めた後コーナーウエイトを計測してみます。

IMG_6759

気になる車重は・・・・?

IMG_6762

ガソリン満タンに入ってて、1104kgでした。
ガソリンが約32kgなので差し引き(オイルは抜いてないが)乾燥で
1072kg。
良し!これからは意識して頑張って軽量化するぞ!
(勿論快適装備は残してね!)
重量税、サンナナパーとニーゴーニーは違いますからね。

コーナーウエイトバランスは50.7=49.2、中々悪くない数値ですね。
この後、アライメントを調整します。

IMG_6770
微妙に前傾姿勢です。
今月もう2回テストしてきます。






|

今日は終戦記念日

今日は日本という国に住んでいる者にとって特別な日
なんですよね、そぅ、終戦記念日。
僕は戦争を知らない世代ではあるけれど、昨晩NHKで
放送されていた日中関係の番組を見ていて、過去日本が
起こした侵略戦争と侵略行為の残虐さに愕然とした。

うちには嫁の爺ちゃんが居るので、今朝、日中戦争の事
を聞いてみたが何時ものような饒舌ではなかった。
まだ、寝ぼけてたのかもしれない(笑
しかし、あまり深い事までは話してくれなかった。
それだけあまり思い出したくない出来事だったのだろうか。
番組を見ていてもそう感じさせる場面があった。

戦後、日本はアメリカの統治下の下、自力で発展し豊かになり、
そして過去の暗い事実は脳裏から薄れ、日本と中国の意識の
隔たりと溝はどんどん深いものとなり、今や二分論だけでは解決
出来ないものとなってしまった。
今、靖国問題が世論で騒がれているが、昨日の段階で僕自身
小泉さんには靖国参拝はしてほしくなかったな。
任期も後僅かな小泉さんなだけに、公約を守る、パフォーマンス
というよりももう少しアジア諸国のこと考えてもいいと思った。
これは一個人の意見なので、また皆さん考えも色々あるでしょうけど

このままだと日本は歴史認識という中でどんどん孤立していって
しまう気もちょっとした。
もう少し過去の事に向き合った方がいいのか?
と思ったりもしたが、歴史問題は本当に難しいのだ。

戦争という悲惨な事を二度と起こしてはならぬ!という教えを
もたらして下さった方々の為にも、これからの日本は戦争の
清算と反省と教訓をまた違う形で示していかなくては行けない
時期に来たのでは?と思う。
靖国問題、教科書問題、アジア諸国問題、
日本の首相は2人ぐらい必要なのかも知れない。










|

2006/08/12

何となく

54
画像と内容は関係ありません (笑
画像は『マリナーブルー連合』の雪っちさんからのご提供です。
先日開催されたN-0レースの模様です。
有り難うです!

今日は午後から凄い大きな雷と大雨で、2回も停電しました。
ビックリしたぁ~

ま、すぐに復旧したけれど、
消防車も出てたので近くに落ちたのかな?


2
nissan チェリーX1R
(綺麗にレストアされてますな)


1

バヒュ――――――――――ン!

と、行きたい所ですが、
高速道路も酷い渋滞だそうで・・・
東北道は100キロ渋滞だかなんだかで、

お疲れ様です ^^;



6

曽根さんも今日富士に行けたかな?



宝くじが当ったのでフェラーリ買ってみました。

IMG_6756

ウソです。










|

2006/08/10

定番の中でも差別化を図る

コクピット外環オリジナル
CE28N オフセット+22仕様をオーダーしました。

IMG_6746

カラーはチタニウムガンメタ。
限定生産と言うことで残り僅かという事です。
中々渋い色ですよ~
この色ならボディカラーも選ばないね。


(^^)b Good Good

|

2006/08/09

OHLINS DFV 装着!

オーリンズから新発売されたPCVの進化版『DFV』を
PANDA号に取り付けてから約2週間。ストリートの通勤から
お客様の駅までの送り迎え、はたまた富士スピードウェイでの
サーキット走行と、それまでの乗り味とフィーリングが大分分かって
きたので少しお話しましょうか


IMG_6661

今回はDFVを特別に仕様変更したとかではなく、
完全に吊るしで売っている状態で取り付けていますので、
NCをお乗りのお客様全てに通じる事だと思うので、
是非参考になさってみてください。

ぶっちゃけ、タイヤが16か17か?18の人も居るのかな??
タイヤの径でさえ、そして銘柄でさえ足回りの印象はガラッと変わって
しまうからして、一応は・・・・
(例えばNA風に言うと一番多いとされる15インチ)、
NCで言う所の17インチを基準に話を進めます。
IMG_6682

(ストリート)

まず以前のPCVは特に路面がバンピーな所だと伸びの硬さが
やや感じられてはいた。

しかしそれはそれで乗り心地が悪い、とか不快だ、と言うものでは
ないので誤解しないでもらいたい。

段差を乗り上げた時はしっかり吸収できていてもその後の追従性が
悪く、例えばサーキットのようなシチュエーションでは不満は無くとも、
ストリートというステージではそれがデメリットとなる。
まぁ~もっと上のモノを必要とされる時代になった背景なのか、
新しいもの新しいもの・・・
へと進化・発展をさせなければならない
メーカーの思惑・考えなのか?は知る由も無いが、兎に角この
『DFV』という、そのPCVでは補うことの出来なかった伸び側の制御を
行える機構にした事で、また一歩、全高調整機能・減衰力変更機能
付きの足回りという分野で新たな第一歩を切り開いたのではないかと、
そう感じるのである。(なげ~な~~~笑

通勤からお客さんのお迎えまで行うPANDA・NC号
ジョイファストの廻りの街道は決して路面が良いとは言い難い。
通常は一番柔らかいところで前後とも使用しています。
兎に角連続する凹凸に対してもメーカーの謳い文句同様、収まりが
いいので不快感が全く無い。
車高もプリを変えずに9cmは余裕で確保できるので、コンビニや
ガススタの入り口なども気を使うことも無く、とても使える。

(第3京浜・東名高速)

少し減衰を上げて走ってみた。
ストリートと同じく路面と路面の繋ぎ目のギャップの収まりもよく
車が浮く感じがしない。接地感も感じられ、特に料金所の入り口出口
等のきついコーナーでもイン側のタイヤが離れず、しっとりしながらも
路面を食いついて離そうとはしない。
ストローク量も十分に確保されているので元々ステビリティの高いNCな
だけにこのKitはちょっとハイクオリティにさえ感じてしまう。
でもそれだけ優越感にも浸れる(笑
ピストンスピードの速い所でもそうなのだが、遅い所でも今回採用
された伸び側のバルブ機構の恩恵を受けられる事がわかった。

(サーキット)

比較的高めに減衰を上げて走ってみました。
(目一杯締めこんでから3段戻し)
ハンドリングは凄くマイルドで、狙ったラインに乗せやすい。
走り始めはアンダーステアの強いセッティングだったのだが、AJカップ
を閉めこんで車高を下げる事で一気に挙動が変化。これにより
ラップタイムも1秒アップする事も同時に確認。
以前のマツダスピードのコイルスプリングとKONIのストリートショック
の時と比べてもステアリングを切り始めた時や、ブレーキ・アクセル
によって変化する加減速Gや、横Gも最小限となり、常に動きが
一定となったことで確実にセクター2~3までのテクニカルゾーンの
ラップタイムも上がった。
アベレージラップも連続10周しても0,5秒以内に収められる走りへと変貌!
この日、最高に暑かった日を持ってしても、今までの自己ベスト11秒20
をマークした。
ウハウハである(笑

IMG_6662

とりあえず、まだまだセッティングの予知はありそうだから、
もう少し遊んでみるつもり。
バネレートはフロント7kリア4k
これはそれ程不満じゃないし、ストリートも考えたらこれぐらいだろう。
しいて言うならリアのアッパーにアダプターを設けて直巻きバネにしたいってことかな?
いよいよ、NA/NB用DFVが今月8月発売!との事。
全高・減衰機能を兼ね備えた足を考えてる人は、オススメだよ~

IMG_5558







|

2006/08/08

遅くなりましたが、夏休みの告知です!

当店の夏休みは御座いません(笑
定休日の月曜日はお休みですが、あとは営業しております。
交代で休む為です。
(来年からは完全に休みにするつもり・・・)
暇な人間は是非遊び相手してあげるから、御出でくださいな。
俺がいなくてもメカニックが遊んでくれると思います。


ご迷惑をおかけ致しますが何卒宜しくお願い致します。

尚、部品センター等も8月7日~8月17日まで稼動しておりません。
只今作業のご依頼、すでにご入庫頂いてますお客様、あと部品注文
のお客様等など・・・

納期が若干遅れ気味になる事も予想されます。
その旨ご理解頂けます様、何卒宜しくお願い申し上げる次第です。
すいません。

んで、通販・事務受付の『いさぢくん』は8月17日~8月22日まで
不在です。通販・メールでの問い合わせはその間出来ませんので、
宜しくお願い申し上げます。

と言うことでわたくしめは、

『実家に帰らせて頂きますっ!』

(嫁に言われたら最後だぜぃ!)

|

嵐の前の静けさ

台風が近付いてると言ってますね、知らなかった。
どうりで変な天気です、空が真っ赤だ。
IMG_6744
IMG_6740
単純に事務所の写真を撮ってみたくなる。
未だに自慢の事務所だから・・・
IMG_6736
今日はNA6CEに最強の100Aオルタネーターを取り付け!
凄いだろ!!(笑
近々製品化しますんで。

あとVなベルトをリブにコンバート。
そんな事してたら2年前に交換したウオーターポンプにガタが・・・
新車で付いてる部品より後で交換した部品の方が寿命が短いのか?
嫌な感じ。

その他エアコン修理なNA6CE。
コンデンサに穴が開いてた。
コンプレッサーじゃなくて良かった ^^;
そっだ、もう1台NA6CEのエアコン修理があったっけ。
それは明日やる。

あと夕方は板金の受け付け。
サイド引いてたらズルズルと車が動いてポールにゴッツン!
あちゃ~~~
でも、それだけで良かったよ
板金の前にブレーキ見なきゃね。

あとATからMTに載せ変えのNA6もやらなきゃ。
色々と問題が発生しない事を祈る。

IMG_6725
IMG_6724
先日の異音の車。
原因はヒーターユニット奥のヒーターの配管からでした。
上の画像見てね。
ステーが浮いてるでしょ。
下が正常。
何で?こうなったかは勿論人災。
ホース交換の時に修理した人が引っ張っちゃったのね・・・^^;
こんな事をきっかけに異音となっちゃっう事だってあるわけさ。
悪気があってやる訳じゃないけど、パワープレイは良くない。
優しく優しく・・・

F-1
どっかの社長さんとは違って(笑
結果知らなかったから、昨日ジックリ見ましたよ。
感動しましたね。久々にいろんな事があって面白かった。
シューマッハも1ポイントGETした見たいだし、アロンソとの差、10!
今年引退しそうなシューマッハ。
鈴鹿のチケットもHONDA効果で高騰中だとか。
来年の富士でシューマッハの走りを見てみたい気もする。
来年もう1年やってくれないかな・・・

ダウンタウン浜ちゃん。
次のトルコも呼ばれるんじゃないの?
浜ちゃん効果アリって事で。
またHONDAやってくれそう・・・
TOYOTAも頑張れ!
ダ・マッダも!





|

2006/08/06

お店の廻りが

毎日暑い日が続きますが皆さん元気で頑張ってますか?

当店は今日も沢山のお客様にご来店頂き、感謝感謝です!
有り難う御座います。。

御出でくださったお客様には1人1人確実にご満足して頂き
お帰り下さいますよう、スタッフ共々精神誠意、心掛けてやって
おります。作業の日程の合う合わないなど、ご迷惑をおかけ
する事もあるかとは思いますが、休み前の今こそ、なるべく
ご期待に添えられるよう頑張ってやっておりますので、何卒
ご了解下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。。

さて最近此処ジョイファストの廻りが何やら騒がしい。
以前隣にあったセメント屋さんはすっかりその面影を無くし
今や、車が好きが集まる一角となって来た。
道を挟んで西にあった建物もどこかの車屋さんが
近々入るみたいだし。
まだこの1,2年でこの辺も様変わりしそうだな。

明日は川崎大師の仲見世通りに行ってきます。
お参りでっか?
いえいえ、違います。

ある不動産の社長様の紹介で、お店の解体工事があって
破材が出るというので、タオル巻いて家族総出で汗をかきに
行って来るんですわ。
その為に先程レンタカーのキャラバンも借りたしさ。

『アホ!あんた1人で行って来な!』

そー言われるに違いないけど(苦笑
何か作戦を考えよう。

でもこれでまた事務所がカッコ良くなるな~
楽しみ楽しみ

今週もガンバロー!











|

2006/08/04

サーモテック エキゾーストインシュレーションラップ 新バージョン

これだけ外気も暑いので、ついにバンテ―ジも
ユデダコになっちゃいました・・・^^; アハハハハ
IMG_6732
ってのは嘘で~

このサーモテックEXインシュレーションラップは従来のものより
耐久力を30%程上げた新製品なんだよね。
ちょっと色に赤みがかってますでしょ?

(赤く見えないようでしたらア ナ タ、色盲の疑い有り!)

丁度オーダーがあったのでどうせ巻くなら新しいもののほうが
いいって事でね(笑)
『世界に1人しかやってない貴方の為に!』と言う言葉が
大好きなRさんの為に (笑)エビちゃん巻きしてみた訳なんすよ。

画像の作品は当店メカニックの仕上げっぷりです!
素敵でしょ~♪

ん~~~~綺麗だ(ワイングラスを片手に、カランコロン~)

インシュレーションラップの仕上げでは当店メカさんは専用の
スナップストラップ等は使用しません。
ワイヤーを使って仕立てます。
素人さんならストラップを使った方が賢明だけど、
玄人はこういう所が違うんだよ(見栄えにも拘ります)

 o(`⌒´*)oエッヘン!

IMG_6730

お値段は税込み8,032円
取り付け、巻き工賃はお問い合わせください。
今が旬の話題でした。

|

2006/08/03

ッシャアー――――――――――――――――?

亀田3兄弟の一番上の兄ちゃんが昨日の
世界戦で遂に頂点へ。
テレビやニュースでは放送されない色々な
苦難な時があったなだけに、捕れた結果だったろうから
亀田家は相当嬉しいに違いない。

新聞テレビでは昨日の試合内容と
判定の結果で色々と物議を醸しているようだが、
でもあれは皆見てても『負けたなぁ~』と
思ったに違いない。^^;

やっぱ、そこはホーム&アウェイの力もあるのかな?
でも、世界チャンピオンですよ、
微妙な判定でも結果は結果。これは揺ぎ無い。
勝負はこれから!
頑張って防衛して欲しいですよね。
ま、一番そう感じてるのは本人だろうから、
俺がこんな事言っても

しょうがないな(笑)



|

2006/08/02

思うようには中々行かず・・・

今、預かりのお客さまのお車のうち2台にとっても時間食ってます。
1台が異音で、もう1台が制御系のトラブル。
誰か前例ないっすか?
もぉーーーーー聞いちゃうよ、マジで(笑
NB2型なんですけどね、アイドリングがずーーーーーっと上がりっ放し
なんです。クラッチ踏むと回転が正常に戻る。
それも出たり出なかったりを繰り返しやがる。
めっちゃ、不快です、 
ストレスが~♪唄っちゃうよ(笑 

ま、冗談はさておき、ありとあらゆる手段を使い、故障診断テスターも
勿論の事、
1つ1つコードは消して来てはいるのですが、
何せ症状が変わらん。
最後はもうアレしかないと踏んでいるのだが・・・
兎に角早くこの仕事から解放させて~

IMG_6721
画像はもう1台の異音の修理中・・・大変な事になってしまった(汗、汗
この続きはまた今度。

|

2006/08/01

生まれる前の努力と思い

IMG_6704
昨日、富士スピードウェイに行って来ました。
今回の目的はHKS SLDの細かいチェックと足回りOHLINS DFVの
メーカー推奨値での走行フィールについてです。
ま、この辺りはNCパンダ号のブログ編で取りまとめるとして今日は
人間ドキュメントっつーことで語ってみましょーか。

HKS.....
正直、車好きの方なら誰でも知ってるチューニングメーカー。
そんなメーカーに勤める人との接点って、あるのかぁ?と聞かれれば
せいぜい営業の人ぐらい?
開発の人となんて中々会えるもんじゃない。

BOSCH.....
やはり車乗りの人なら目にした事のある名高い自動車部品メーカー。
そんな日本市場に向けて
開発に携わってるチョイ前までNAロドスタ乗り
の彼(お客さん)が居る。今はBMWミニのオーナー
(今、モーレツにNC電動トップに悩んでいるのだが(笑))
彼とはもはやお客さん以上、友達の中で、NARの頃からだから
かれこれ10年になるかな・・・今日の夜そんな彼がやって来た。

『今度部署が変わるんです』という。

それまではワイパーブレードやバルブ、そしてホーン等の開発を
任され、量販店に置いてあるBOSCH商品の殆どは彼が携わる。

『お前って凄いんだね』って感じなんです。

この子、凄いいい奴でね。
年下だから弟みたいに可愛いんですよ。

『量販店行くでしょ、お客さんが俺の開発した商品持ってレジへ
行くんですよ。そん時俺は心の底から『ありがとう~~』って
思うんっす。子供なんですよね~、そのモノがぁ~』って

この夜、熱く語るわけですよ...

『いや~ね、実は昨日FUJIに行ってさ、まさにその開発の現場に居た訳さ』

と、彼に伝えると.....

『同じ気持ちだと思うよ~』
と彼に言われ、何か心がジーンと来た訳なんですよ。

基本的に商品の流れは
メーカー → 問屋 → お店 → ユーザー 
よってメーカーの人、特に開発の人って基本的にユーザーとは接点が
無いから開発の人の思いってユーザーには伝わりにくいよね。
でもそのユーザーがそのメーカーの製品を購入してくれて取り付け、
そして喜んでくれた時こそ、『伝わる・繋がる』と思うのね。

そんな彼も、 HKSの人も俺にとってはある意味お客さんに対して
また1つ『このパーツはこうして生まれたんだよ』と言う言葉を
見つけてくれたような気がしてね。
ハイパーレブ見てもHKSのカタログ見ても『重いな』と思えるように
なった訳なんですよ。

IMG_6684
今、NCのAT車も開発中!
NCのDSC付きがあと最後に確認出来ればいよいよ製品化!
となる模様です。楽しみだな~

IMG_6709
HKSの開発2課の御2人。
ヤバイぐらい相性のいい御2人。

左の女性(O氏)が皆が使ってるHKSラップカウンターを、
右の彼(Y氏)がSLDを担当。いや、それだけじゃなくV‐proの開発や
D-1のS15(谷口選手の駆った)マシンも彼がセッティング!
凄いんです。
N-0レースに興味がある(笑)そんな彼の愛車は幌無しH/T付きの
NA6CE、只今車検切れの、勿論、金プロ!仕様である。
走りに関して負けず嫌いのGTドライバー脇坂選手のファンでもある
左のO氏。今頃愛車セリカで富士宮のワインディングを爆走しているに
違いない。(鹿には気をつけてネ!^^;)

IMG_6707
IMG_6708
2人には本当にお世話になりました。
いや、世話になりっぱなしと言った表現の方が正しい。

OHLINSの車高合わせ、(ハイパーMAXじゃなくてゴメンよ~~)
走行前の窓拭き、
乗ればレーシンググローヴがコラムカバー上にソッと置いてある
4点ベルトも廻してくれたり、
最後は荷物の片づけまで・・・

何から何まで~~
もぉ~王様になった気分でした。

そんな思い出も昨日できっと最後になったのだろう。
不具合が何も検出されなかったから・・・
(違う意味で残念)

彼らとの出会いは一生もん、
宝物として胸に閉まって置こう・・・・
そして最後に



『ありがとう』


俺は中田英寿か!(爆)


(次回からのスポーツ走行、寂しいな)
これ本音。

 

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »