« お待たせしました | トップページ | 試作 »

2006/10/10

筑波決戦に向けて

IMG_7447

さてさて、後2日で筑波決戦である。
もーいーくつねーるとーである(笑

今回、我がNCのネタと言いますと・・・・
と、いうより昨年10秒6の時と何が違うか?を言った方が早いか。
まず、足。昨年はド・ノーマルの黒のショックに松田速度の
ローダウンバネ。ホイールがノーマル6.5-16のアルミに溝無しネオバ
といった所で、正直あとは新車のままだった。
車的には全然大した事無く、オープンデフの挙動とリアに対して
フロントのロール角に悩まされた決戦だったのを覚えてる。

コーナーではヨレヨレだったのだが、ストレートは速かった。

それを俗に


『直 線 番 長』と言う

と言う事でこの1年B組み金髪遠征して、富士ばっか走ってた(笑

ちょっと話が反れたが足はまだ仕様変更が済んでいないOHLINS
DFV。バネレートはまだ公表出来ないが10k前後とだけ言っておこう。
決戦ではフロント減衰2戻しのリア全開最強で挑む。
LSDはCUSCOの機械式2WAY。富士で僕のドライビングスタイル
では1WAYが向いている感じだが、結局の所コーナーのRがきつい
筑波ならこのままでいく事にする。
次にパッド。
今回更に進化したNC用バーツクSP敏調炭カーボンメタルの750℃
を用意した。サーキット走行にウェイトを置いたモデルなのだが、
特に連続走行で熱安定性を確保したパッドで、普段の街乗りでも
基本性能を網羅しているのでStreetでも安心。
ただデメリットは鳴きと粉塵が出ること。
ある程度タイヤが温まってきてからもブレーキは安定しているので
安心安心。
次にタイヤだ。
これが一番タイムにも影響するアイテムなのだが、富士や街乗りで
慣らしたネオバで挑む。少しまだブロックが高いのが心配材料。
あとは~
あっ、そうだ、これ秘策↓

IMG_7452


『漢のネガティヴ』

である(笑







|

« お待たせしました | トップページ | 試作 »