« 関連性 | トップページ | あの~ »

2006/10/22

また来年に向け

誰のマシンだって去年と同じ仕様ってのはない筈だ。
特に走りに振ってるマシン、筑波決戦にエントリーする
マシンはね。有利不利ってのも承知だし、それを逆手に
取って威張るつもりもない。

ふと思い返し昨年の決戦報告を読み返してみた。
最後にこう記していた。
『来年は目標7秒台、そして打倒!青年部1号かな??』 と
(青年部1号とはNB8チャンプこと石坂君のこと)

それは今回、見事に有言実行された訳だが、
本当に今年は昨年言ったことなんてこれっぽっちも覚えても
なかったし、控えめな気持ちで挑んだのも、これまた事実だ。
だから余計にこの結果については自分でもマジ
驚いてるし、
素直に嬉しいのだ。

数ヵ月後には勿論このタイムは他の誰かに更新
されるのは間違いないと思われる。
しかし、『タイムを出す』という行為に於き、1つの『目安』と
言う事だけで考えたらこの筑波決戦に至ってはそれ程問題
ではないのかもしれない。
寧ろこの日の為に何かネタを仕込んできた過程だとか。
決戦中の心理戦だったりとか。
皆、『ロードスターの遊び方(かなり上級かも)』を知ってるって
事なのだろう。
走った結果や、ネタを仕込んだ結果がタイムと言う事なので、
『タイムだけがすべてである!』と言うのはFIRE丸山氏の
筑波レポートを読んで頂ければ、『決戦独自の一線違う何か』
を感じとって頂けるのではないだろうか。


『何かに挑む』と言うのは過程や内容、中身が重要だと思う
このイベントを通じて本当に思うよ。
結果、目標もあるしわきまえてもいるから変な方向にも行かない。
それは仕事やプライベートでも同じ。
だから嵌るのかもね、筑波決戦に。

IMG_7561
ラジアルの頂点には彼がいつも居る。
03年、JAF戦で共に戦った仲間だ。
そして今回の決戦で再びガチンコ勝負となった。
屈辱の9番手!(笑

1
そして雪辱の8番手!GET(笑
IMG_0189
これで来年は追われる身となった(笑
しかし、此処から
あまり大きなチューンはしたくない。
っつか、したら指差されるし・・・

もっともっと細かく煮詰めて来年もまたラジアルクラス1位!
気持ちはデカく、6秒台狙うぞ!


IMG_7563
こうしてそれぞれの筑波決戦は無事終わった。
高い次元で遊べてるから皆、大満足。
数時間前の出来事にしばし浸る・・・

IMG_7573
恒例の井戸端会議が始まる。
何となく大試乗会?も始まる(笑 
そして、今の今まで凄い気になってたこのマシン
『FIRE号』に試乗させてもらいました。

IMG_7578
IMG_7580
筑波決戦が終わって1週間が経とうとしているが、今だにあの感覚が
体と脳、そして目の裏に焼き付いているのだ。
あの時見たのは筑波サーキット周辺の農道ではなく、

海だった(笑

ん?筑波周辺に海はないのだが・・・ ^^;

しかし、FIRE号に乗っていた時、そこはまるで海岸沿いを走っている
かのよう、いや、走ってみたい感に襲われたのであった。
そんな不思議な感覚・・・
そして何時しか、鼻歌を歌う俺がいる。
全てのパーツが高い次元の元でシンクロしている。
エンジン・足・ブレーキタッチ・シフトノブ・ど~だバーエボモデル・・・
一言で言ってしまうと
『いいなぁ~こ~ゆ~ぅ~えぬぇ~ろくぅ~』である(笑
帰ってくると、皆心配したらしい。
『ドコ?行っちまってたのか!って(笑』 ゴメン、ゴメン 
それだけ時間を一瞬忘れてしまった。

ん~良い物を知ってないとこういうNA6CEは出来ないな・・・
NA6なのにNCに乗ってる感じさえした。
それだけ完成度が高いって証拠なのだろうね。
素晴らしく気持ちが篭ったマシンに乗せてくれた丸山さんに感謝!

その後、なべやんフリーダム、謎さんFCR、やはりオーナーの
魂が注入された素晴らしいマシンに乗らせて頂き、大変楽しかった。
皆さんホントどうも有り難う。

遊びが終われば羽を外してマフラーも戻し一気に大人の装いとなる
長岡勢(笑
今日叩き出したタイムと車の仕様を考えた時、その時僕等は
充実度200%になるのであった。


長岡の皆さん、いつか襲撃行きますよ!

最後に・・・








あの~今年はトロフィー無いんですね...さびシ...



















|

« 関連性 | トップページ | あの~ »