« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

12月のセール

今日で11月も終わり。
明日から12月・・・いよいよ2007年も残すところ、
一月となりました。

そこで!
(⌒▽⌒;)  な、なんや!

突・然 ですが(笑)

明日からバケットシートのセールをやります。
あまりセールとかやらないJOYFASTですが、たまには
良いでしょ。他の商品もやれっ!って?
いやいや、シートだけでご勘弁を。

で、何処のシートなの?と言いますと、
『エスケレート』で御座います。それも『JOYFAST』の刺繍を入れた
Wネームで御座います。『JOYFASTが余分だ!!』って?
そんな事言うなよぉぉ~~
ヽ(`Д´)ノ

IMG_4279
期間は12月一杯。
はい、12月のセールですからね、12月一杯で終わりです(笑)
TYPEはワンからフォーまであります。
価格は近日中にTOPページにて公開します。
宜しくお願い致します。

|

2007/11/29

ぬぉぉぉ!

オイル漏れ漏れ・・・ミ・アモーレ、ミ・アモーレ
IMG_4272
中古で買ってからも徐々に徐々に漏れていたようです。

関東では高級焼肉屋で『ジョジョエン』という店がありまして
芸能人もその『ジョジョエン』に行くようになればイッパシ!という
話があるんです。

その昔・・・・

焼肉食いたくて入ったらその『ジョジョエン』でして、^^;^^;^^;
出るに出らんなくなった・・・という逸話があったりする、僕
その時のオーダー内容はご想像通り・・・
ま、ど~でもいいですよ、って話ですが。


ってことで、今回リビルトエンジンの調達をしまして
エンジン綺麗になりました。(^o^)丿
IMG_4275
オーバーホール組みとリビルト組みが今、半々って感じですね~






|

2007/11/28

9651

今エンジンオーバーホールしてますBPエンジン。
今回圧縮も上がるんで点火系の強化を。ってば、
永井電子のNA8、NB8用のMDIを採用じゃ。
と、ところがYO!
どうやらもう『製品が無くなり次第廃盤』になるらしいYO!!

マズイっ!って事で、急いではっちゅう、発注っ!

実はこのMDI9651、カラクリがあってね。
純正のプラグコードが使えないんです。
BPの場合イグニッションコイルが専用品になるから
別の場所にコイルを設置して、そこからエンジンに届くよう
専用のコード発注してネン!っという、何と言う荒業?(苦笑
あくどっ!

ま、それは冗談でもそれじゃ勿体無い!ってことで
KITのステーをおっぱずして、おっぱっぴー!
ステーを作りました。これでめでたく純正コードがそのまま
使えるっちゅーことになりました。
あ~、めでたしめでたし・・・
IMG_4269




|

2007/11/25

至福の時

今日もいい天気でしたね。
日中は沢山のお客様で、お店も賑わってました。
工場の方ではオイル交換のラッシュ、ラッシュ・・・
日曜日はこんなものです。

数日前納車したM2ピストンのWEBER仕様のフルバランス
エンジン。3日で慣らしを終えられて来週は天気が良ければ
いよいよ自分のホームコースでシェイクダウン!です

今回はマルハさんのバッフルプレートを取り付けてますから
コーナーでも安心。マツダのV型エンジンを流用して、今回
インテーク・エギゾースト共にバルブも大きくしてます。
1ヶ月強、丹念込めて作ったエンジンにこうして乗って頂いて、
満面な笑顔を見せて頂くと、作り手としては本当に嬉しいものです。




|

2007/11/24

さぁ~てっと

夜はめっきり冷え込みますね。
そろそろサーキットの準備に取り掛かりますか・・・

来月12月の初旬に一発タイム狙ってこようかなっ!と
思うとります。
目指せ、5秒台!ってとこですが、うまく行くかな?<BY・FUJI
その前にローターが割れてるんで、ローターの交換とTOTALの
エンジンオイルのテストを長期間かけて行いましたので、
近い内そのレポートを出します。

今日も朝から工場は忙しかったです。
そんな中の1台。
最近売れてます、マルハさんのスポキャタ。
一度これの効果を味わっちゃうと、病み付きになります。
が、マフラーによっては音量が少し心配になるかも・・・
当店のイノベーションなら丁度いい音になってお薦めよ!(営業)

あと車検対応品なので、『もう純正触媒がいよいよヤバイよ・・・』
って方はお薦めですゾ♪

IMG_4253





|

2007/11/23

エンジンオーバーホール

今、エンジンのオーバーホール中のBPです。
今回は性能もさることながら、長く乗るためのエッセンスを
加えます。例えば確実なオイル管理をするために必要な
オイルパンのバッフルプレートを取り付けたり、ヘッドボルトや
クランクのメインボルトをスタッド式に替えたりとか・・・・
まだまだ沢山あるけれど(笑

これらも性能と引き換えに弱くなる部位を、補強強化するための
保険でもあり、それが結果的に長く乗るための秘訣でも
あるのですね。

IMG_3116

|

2007/11/22

コーナーウエイトゲージの意味

コーナーウェイトゲージを買い換えました。
今まで使ってたコーナーウェイトも同じメーカーの
インターコンプ社なんですが、計測モンですからね。
信頼性の高い物でないといけません。

IMG_4250
タイヤ1本1本に掛かっている荷重測定はこのテスターを
用いるのです。車高調が今や普通の時代には、このテスターを
用いてセッティングしなければ宝の持ち腐れになっちゃいますよ!

バランスという観点からすれば、前後・左右の関係のみならず
斜め関係(クロスウェイト)右前=左後・左前=右後の比較も
極めて重要なんです。

車高調の正しい使い方は、車高を調整するための調節ではなくて、
荷重を調整するための調節が本来のやり方なんですね。






|

2007/11/18

平井さんの講演会

行って来ましたよ、講演会…
初めて(生の)平井さんを拝んできました<って仏じゃないから!
講演を聴いて思ったのが平井さん自身、NAで止まっててさ、
『NB・NCなんてオラ、知らんわ!』って事でした(笑)
あと『3年以上前のことは記憶に有りません』との事でしたが
『あ~思い出した!』って思い出してくれた時のコメントで
『松任谷さんがドタキャン!したんですっ』ってのも笑えました。

ま、内容はそんなギャグみたいな講演では無かったのですが
コード番号J58Gへの思入れ、主査として伝えたかった事など
興味深い話を沢山聞けましたし、あと何と言ってもCGで
御馴染みの田辺憲一さんとの久々の再会で、オート三輪の話から、
ロードスターに初めて対面した時のことまで、田辺さんのこれまでの
人生で味わってきた自動車、ドライビングカーと言われるもの
(それは自動車だけではなく乗り物全般に何でも言えるらしい・・・)
の経験を元に、上手くLWSのロードスターとを上手にシンクロさせ
話してくれ、本当にお話がお上手だなぁ~っと思いました。

後に流れる当時のCGの模様や、エランと走るNAとがまた上手く
講演を演出してくれてて、まるでTVを見ているようでした。
本当に素敵な講演でした。

これを企画して頂いたROADSTER FOURのO氏に感謝
致します。本当に楽しかったです。有り難う御座いました。


|

2007/11/16

明日のJOYは御休みです

明日、 11月17日(土)はロードスター初代主査 平井敏彦氏の
講演会開催の為、JOYFASTは御休みとなります。

18年前にNAロードスターを国内で最初に記者発表した
マツダの技術研究所(現・R&Dセンター横浜)で開催されます。

ゲストにCGTVで御馴染みの田辺憲一さんを交え
熱いセッションになるのでは?大変楽しみです

んでわ、楽しんでくるでよ!

|

2007/11/13

筑波決戦4

昨日、ラジコン仲間に教えてもらった整体接骨治療所へ
行って来まして、今日はかなり良くなってます。
ちょっとお気に入りの治療所になりそうなので、
通っちゃおっかな♪保険も利くし(笑)
新しい友はオジイチャン、オバアチャンになりそうな予感

さて決戦の続きでっす
各走行のインターバルが20分しかないので、大きなセッティング
は出来ません。隣の丸山さんにLAP・SHOTの動かないトラブル
が出ていたのだが、自分もLAPが出ないトラブルに陥っていた。
センサーの位置を変えて見る。
減衰の変更は出来ているので、タイヤのエア圧をもう一度
決めたいのだが、何せインターバルが短いので完全に合わせ
きれない・・・今回タイヤは東洋のR1Rなのだが、兎に角連続
LAPが難しいタイヤなので丁寧な運転を心掛けるのだ・・。

あとR1Rはコーナーは速いがストレートでは遅いと言われる。
その辺はどうかははっきり言ってその時の気温や路面状況
によっても変わってくるんで、よく判らない。
ただ富士では他社の履き比べてもそれほど気にはならない
レベル・・・・
タイヤの内圧は温間でも低めでいい感じだった。

598a
路面も完全にドライとなった2本目

ラジアルクラスのライバルチャンプ石坂氏を捕らえた。
怠慢バトル開始!
前を行く監督号の三つ巴のバトル!!

IMG_3380
その3周目、遂に念願の6秒台へ突入!
このまま4周目入ってもタイムは見込めないので、そのままPITイン
PITレーンに戻りタイミングモニターを睨む。
2番手の友人Tさんまでその差0.1秒・・・・


ドキドキしながらモニターを見つめるが・・・・
最終的には

IMG_3393
じゃん!1位ゲッチュウー!
最高です、最高に気分いいです!

1位 NCパンダ号さじくん
2位 友人T@長岡
3位 かっしー
4位 FIRE号@長岡
5位 タナボタ号

さて、気温がかなり上がって来た。
路面温度も高いゾ・・・
そんな温度の上がった3本目のセッティングはどうする?
第一ヘアピンでもう少しリアがパキッと向きが変わってくれないん
だよね・・・最強から4段リアを柔らかくしてみた。
タイムは見込めないかもしれないが、また来年の筑波に向けて(笑
置き土産をしてこようっと・・・

んで、3本目開始の号令がかかる・・・










|

2007/11/11

筑波決戦3

腰がまだ本調子ではなく10月28日以降、2週間
NCを動かせてない・・・兎に角フワッフワの舟のような車
でないと今はまだ腰が辛い。『安静』と朝晩の『運動』で
大分良くはなって来てるが、早くサーキットに復活したいな。

では筑波の続き・・・
天気が急速に回復傾向となるなか、皆、ネタの仕込みに
余念が無い。そんな中、茶太郎さんがマフラーの溶接が
破断してトラブル。
IMG_3352
んが、ここは筑波、そして筑波決戦。
有志が必ず居るんだな。そんな仲間のお蔭で茶太郎さん復活!

朝のドラミが始まる。
IMG_3360
筑波決戦では他の走行会とは違い、殆どの参加者が顔馴染みで
誰がどのマシンを操っているのかが判る。
今回初参加の方が少なかったが、事前の打ち合わせや流れが
解っており、初参加とは言え、修羅場を潜って来た経験のある方達
ばかりなのでミーティングも滞りなく終わる。

IMG_3342
今回最大のライバルはやはり昨年同様チャンプ石坂。
昨年は約0.2秒差の最高速でもNCとほぼ互角!
昨年の決戦ではラジアル連続優勝記録を阻止したが、今年は
どうか?今年は隠しネタがあるのか?不気味な存在・・・

3405
さぁ、1本目の走行が始まる。
1本目は自由な隊列でコースインだ。
気合が高まる!!

1本目は路面の状態を把握しながら走る。
滑りやすい所、乾き始めてる所・・・そん中でも一番グリップしそうな
所を選んで走るのだ。1年ぶりの筑波は懐かしいが、やはりそこは
ロードスター。ロードスターの真骨頂を味わえるサーキットだ。
それはNA,NB,NCすべてに言えると思う。

IMG_3378
周回ごとにどんどんレコードラインが乾いていく。
逆に太陽も出てきて外気温もぐんぐん上がってきた。
『 暑ちぃー ・・・^^; 』
この時点で9秒1・・・

おっと!そーいやー今回メカドックさんで発売予定の高速FANリレー
を装着していたな・・・早速FANスイッチを廻したり、切ったりして
走ってみる。気温が上がって来たのを
機にFANを廻しっぱなしに
してみた。案の定水温の上昇は少なく、85度を常に表示。
しかし、ファンスイッチを切るとたちまち90度を越えて、95℃近辺まで
上昇。だからといってFANを廻せば急速に下がるといった感じではない。
徐々にゆっくりと下がっていく・・・という感じ。

走行4周し終わった後、PIT・IN。
今回お客のたくまろ氏にPIT要員として要請(笑
タイヤのエア圧を確認。オーリンズの減衰をフロントのみ1段戻して
2回目のフィーリングチェックの為のコースイン!
悪くない。2回目はこれで行こう・・・

1回目の結果・・・

1位 友人T@長岡NA6 8秒前半 Sタイア
2位 FIRE号@長岡NA6 8秒前半 Sタイア
3位 タナボタ号NA6 8秒後半? Sタイア
4位 ・・・・!きたぁ~~!NCパンダ号 インティキラジヤル!べぇ~





















|

2007/11/07

筑波決戦2

決戦ネタ、小出ししてますから(笑

決戦の朝・・・・
必ず雨降ってるんですけど(笑

IMG_3356
皆がパドックに集まり、準備し始めると、『パーッ』っと空が明るくなって
来るんですよね。毎年こうだから、不思議ですね。
1人強烈晴れ男が居るのは事実ではあるのだが。

IMG_3324
1年に1回しか会えない友と再会しつつも、朝から毒舌合戦がすでに
あちこちで始まってます ^^;;;

bea9
筑波決戦と言えば、長岡勢。
FIRE号、友人T号、茶太郎号。昨年この3台は6秒台の揃い組み。
NCパンダとのギャップは昨年2006年の決戦時で1秒以上のギャップ。
この時点で高嶺の花のような存在・・・

IMG_3349
今年は軽井沢ミーティング以来かな、久々に丸山氏と対面
今、激しく格闘中の建築日誌が面白い。
楽しみにしてる人です、ワシ
そんなこんなで今回のマシンは昨年とあまり変わっていないらしい。
しかし、助手席にはビッチリ張り巡らされたデータロガの機器が・・・^^;

IMG_3323
このウイングを見るたび、筑波決戦が始まるんだナ・・・って感じるんだ

8e23
そうこうしてると、パドック中央付近に止まる怪しげなローダー(笑
そして左リトラがやけに違和感ある、怪しげなNAが・・・
タ、タナボタ号かっ!

・・・・・
恐る恐る近づいてみた・・・
其処には恐ろしい光景が!!!
IMG_3334
な、
IMG_3337
なっ!

IMG_3335
なんじゃ!こりゃ!!(笑

続く・・・

(一部画像拝借 まみぞう様)

 













|

2007/11/04

SCHROTH レーシングハーネス

そうだなぁ~
免許取り始めの頃、多少は親のスネかじってFCのRX-7
を買ったんです。やっぱりその頃は『峠を攻める!』ってのが
全盛で、よく友達と1つ町を越えたお山へ夜遊びに行ってました。

まず4点ベルトを締めるっ!
これが何かレーサー気分でカッコ良くてね~
まだ若かりし頃はそんな単純な事が純粋に嬉しかったもんだ。

『これ使わないからあげるよ』
先輩にもらった4点ベルト。初めて触る4点ベルトがヨレヨレに
なったランドセルタイプのSCHROTH(シュロス)でした。
嬉しくて、アイボルトくっ付けて走り回ってたっけ・・・

それから月日は流れました・・・
ウイランズ、サベルト、タカタ、シンプソン

色々なベルトと巡り合い、触り、実際に装着して来ました。
シュロスの存在自体、もぅ僕の脳裏から消え去っていました。

そんな中、今回当店でシュロスを取り扱う事になりまして、
そんな昔の思い出が走馬灯のように甦ってきたのでした。

兎に角『ヨレヨレのヘナヘナ』というイメージで、
長さ調整や微調整もしにくかった・・・という決して良いイメージ
ではなかったけれど、嬉しかった記憶だけは
今も覚えてる

でもそんなシュロスも、今や全くもってしてそんなイメージが微塵も
感じられない。(昔は良い物を知らなかった・・・という方が
正しいが(苦笑  )
IMG_3701
IMG_3704
IMG_3713

腰部分は2インチ幅の柔らかいラップベルト(純正ベルトと同じ)
だから、ハーネスをシートに通す際も楽。
メインのハーネスは3インチ幅のウェビングベルト。
これは形状記憶効果があり、このベルトの全幅に渡って荷重を
分散させるというので、装着時の快適性もある。

ユーザー側から見ての使い勝手や細かい気配りも、随所に見受けられます。

ロータリー式バックルは、突起物がない軽量コンパクトなタイプ
ですから、装脱性もやり易くて好感が持てます。
シュロスはネックサポートのhansも、F-1のフェルナンドアロンソを
サポートしてて、だから何?って話なんですけど、
それだけ信頼性も高いって話。
レーシングハーネスシュロス。マニアックでカッコいいと思います。

IMG_3738

お値段 45,150円
股下ベルトが3,360円です。
勿論FIA公認です。












|

2007/11/03

筑波決戦~富士へ

腰が相変わらず悪いですが、この1週間で大分良くなった
ような?気がします。多方面からメールで励ましやお気遣い
アドヴァイス等頂き、ただただ感謝です。

まだ今年も沢山走りに行く予定ですので、今は無理しない
ように気を付けたいと思います。

さて、少し間が空いてしまいましたが、10月は2度のサーキット
走行に出かけましたので、そのレポートを。
まず上旬開催された毎年恒例の筑波決戦です。
NCパンダ号はこの1年間富士で熟成なる熟成を繰り返しました
が、タイムと言えば、大きくは変わりなしでした。

ではこの1年で何が変わったか?と言いますと

オーバードライブ製のエアインテークダクトの取り付け
インテグラル神戸製フロントロアアームピロ取り付け
スプリングレートの変更と、ショックの仕様変更
エキマニを交換
タイヤをTOYO・R1Rへ
あと筑波対策と言う事で、GTウイングと
サーキット走行では必需品のメカドックさんのNC用
高速FANリレーKIT。

結構ネタ満載でした ^^;

IMG_3320





|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »