« 昨年末 | トップページ | 異音 »

2008/01/17

Defi Racer Gauge

最近の車はメーターの取り出し1つとっても
CAN-bus対応品だったりして、今となっては簡単な時代と
なりましたけど、まだまだ後付けメーターと言ったら、エンジン
周辺にセンサーくっ付けて、配線引っ張って・・・・って作業が
NA/NBじゃ当たり前です。
この度、新製品がDefiの方から発売されましたので、ちょっと
ご紹介しましょう。

IMG_4808
今までDefiと言えば、メーターの他にコントロールユニットを別に
購入しないとメーターが動かせられない、というものでした。
ま、これにはメリットもあります。メーターを追加する時に楽。
それぞれ水温や油圧、油温など、各データを記録再生したりと・・・
ま、使う人にとっては有り難い機能もあったりしたんですが、
何よりもコストが・・・って事もありました。

そこでこの度、『RacerGauge』という新商品が発売されました。
このRacerGaugeは、今まで必要とされていたコントロールユニット
が不要になり、メーター径も52Φのみとなったのです。
これを待ち望んでいた人も居たかも知れません。

ですからこれからは、コントロールユニットでリンクさせるタイプ
については、60ΦのBFシリーズのみとなるそうで、52Φシリーズ
はお財布にも優しい単独作動商品となったのです。

IG・ONで目覚める自発光式メーターで、照明カラーはブルー・
レッド・ホワイトの3色。

因みに温度計が15,750円、圧力計が23,100円
排気温度が23,100円、電圧計が12,600円 といった感じです。
あっ、ターボ計もあった・・・19,950円です。

要望が多かったのでしょうか?
いい商品ラインアップにしてくれました!デフィさん、偉いです!

 

|

« 昨年末 | トップページ | 異音 »