« | トップページ | »

2010/03/03

3月ぅー

早いものでうちの娘も今月卒業式。

来月から中学生ですわ。

どんどん大きくなれば親父から離れるとは言いますが。
うちはお蔭様で走行会とかあれば喜んで付いてきますし
車と言えば『ロードスター好き』とか言ってくれるので、
今んトコ育て方間違って無いな、っと。
ま、こんな事書いてるのカミさんにばれたら『お前が言うかpunch
と怒られそうですが・・・ま、カミさんにも感謝

さて、昨日の休みはFSWに走りに行ってきた。
ロールゲージ入れてからでは、お初

Img_3024_2
N-0チャンピオンシップトップランカー達と合流して
挙動のチェックをして参りました。

あとは最近話題のKUMHOエクスタV700の現場チェックも兼ねて
おりやす。

まずはロールゲージ。
やはりN-0ドライバー達も大変興味があった様でして、前線で戦う
ドライバー達にも見てもらいましたがかなり好印象。
製品としての完成度は高いのかと。

あと実際に高速サーキットを走ってみた感想ですが
かなり車体の剛性が増しています
実質ドライでの全開走行は今回が初
以前と比べ車の挙動が格段に分かりやすくなってます。

あと驚いたのは今まで走り慣れたFSWでも、装着する以前と比べ
100Rのライン取りが変わってしまいました。
これまでと同じ走行ラインを走ろうもんなら、車の挙動が入れる前
と大幅に異なり、出口でアウトへ流れていくようになりました。
結果同じ足回りのセッティングでは駄目だと言うことが分かります。
かなりソフトよりにセットし直す必要があります。
つまり今まで使用していなかった柔らかいセッティングも使えるように
なったと言うことですね。

あと最大のメリットはS4枠で走れるようになった事です。
これはNS4枠と比べ競技車両の多いスポーツ走行枠ですので
とても走り易くラップタイムも安定して走れますので、非常に
マシンをセットアップする上でも有意義に過ごせます。

現に昨日のNS4枠では大量のプリウスが隊列を組んで編隊走行を
ハザードだしっぱなしで走行していた為に、非常に危ない思いを
しました。
紳士にFSW側へ抗議をしたのですが、相手もお客さんでしたので
断る理由は無いですもんね(笑

と言うことでロールゲージのお陰で精神的にも危ない思いをしなくて
済む様になったわけ。

ただしメリットばかりではありません。
デメリットと言えばやはり重量増しという事でしょう。
ただ実際に走行してみたとき、この重量増がどの程度のマイナス要因
になっているかというと、いまいち良くわかりません。

長くなりましたが最後にタイヤです。

この日お初の人も居れば2度目3度目の人も居るといった中で
やはり使える作動温度領域はほぼ皆同じと言ったところ。

あとドライバーの中で目下の話題はやはりキムヨナ・・・
じゃなくて(笑
タイヤの性格とか性質。

早い話、実際KUMHO装着すれば速くなるのか?・・・・
答えは『YES』です。
しかしいい事ばかりでは無いかもしれません。
つまり国産タイヤでセットしてきた答え合わせが
出来るタイヤなのかも知れません。
あとは合わせ込み。
そうメカニカルセットあってのタイヤ
それらを含め、0.5のアドヴァンテージは持ってるタイヤ
だと思います。

その証拠に

Img_3026
             この男が・・・↑

自己BESTコンマ5アップup(爆

|

« | トップページ | »