https://twitter.com/JFsajikun_ 富士スピードウェイにて: SAJIKUNダイアリー

« REVSPEED4月号 | トップページ | 納車前に »

2011/03/01

富士スピードウェイにて

大変な事故(死亡事故)があったようです・・・・

それを知ったのは、昨日かみさんからの『アンタ、知ってる?』
の一言からでした。(
実はこれが一番イタイかもw)

富士のストレートと言うのはロードスターでも200Km/h以上の
スピードが出ていて、1コーナーに向け一気に60km/hくらいまで

落とし曲がっていきます。

仮にロードスターでも、ここで何かあったら・・・

想像しただけでも怖いです(滝汗)

当たり前の行為でも、突然その当たり前の行為が出来なくなれば
(それも車速が高ければ高いほど)パニックに陥るのは目に見えてます。

普段慣れ親しんでいるコースで起きた事故。
特にお店としては富士を走ってるお客さんや仲間、ドライバーが大勢
いますので他人事では済まされません。。。

普段からの車の点検・整備は勿論の事、サーキット走行前には必ず
制動装置や緩衝装置など点検する事が絶対に必要です。
(その車に命預けてるんですから)(特にブレーキ!!!!)

そして車の次は自分の身を守るための安全防具・道具です。
昨年からHANS、HANSと口を酸っぱくして言ってるのもそうなんです。

(ま、それだけで100%安全が確保されるのか?と言われれば
そうとは言えませんが、付けないよりは付けた方がいいに決まってる。)

あとシート、シートベルト、装着状態などキチンと取り付けられてるか?
もう一度点検してみましょうよ。

富士に限らずとも、サーキット走行を楽しまれている方は
どこのサーキットでも極限の領域(状態)で走ってるんですから
(人も車も)

今回の事故については、
走行会を主催している立場からしても色々と
考えさせられる出来事でした

事の真相
は分かりませんが・・・

同じ趣味を共有する者の1人として、
ご冥福をお祈りします







|

« REVSPEED4月号 | トップページ | 納車前に »