https://twitter.com/JFsajikun_ 20120204/R1-GP: SAJIKUNダイアリー

« R1グランプリにて | トップページ | パステル! »

2012/02/07

20120204/R1-GP

2月4日はMikiProjectさん主催のR1グランプリに参加
して来ました。今回で第7回にもなったんですね。
初回から参加させて頂いてますが、毎回非常にレベルの高い
ロードスターのサーキットイベントです。

関東でも指折り屈指のロードスター乗りが集まるのでも有名です。

今回も主催者三木さんはじめ、スタッフの皆さん、そして
各ご協賛メーカーの皆さん、本当にお疲れ様でした。

イベントはね・・・ホント大変よ。

最後に皆さんが『楽しかった』っと言ってくれるその一言で、
主催者やスタッフはその苦労が報われるのよ。

そして次回開催へのモチベーションにも繋がるわけよね


私らも後発ですが、ロド天やり始めるようになってそれは痛烈に
感じてます。

誰かがやらなきゃ、何も生まれませんもん(笑

そんなR1グランプリでは、今回初の試みである185カップの
レースクラスが開催されまして非常に盛り上がっておりました!

それもその筈、今やREV/DVDでも有名な何乗らせても速い
ぶん蔵選手がエントリー。
盛り上がらないわけがない!!!(笑



そんな関東の185遣い達が勢揃いしたR1-GP185

トップは41秒台に入る走りっ!!(凄・・・
滑る滑らないのギリギリな攻防で走るその様は、
まさに右脳左脳マイスターとも言える。(笑


車の性能で物申せばやはりロド天のようにクラス分けは必要でしょう。
駄菓子菓子、
クラス分けの無いR1-185CUPは車の仕様が異種混合戦と
なることでまた違った楽しみ方が垣間見れる。
それがレースともなれば今度はタイヤの持たせ方や、更にミスしない
運転テクニックが必要となってくるので、終盤までアチコチで
空中戦バトルが繰り広げられたっ!
観戦してるお客さんも興奮が冷めやまない(笑)

という事で、185CUPのレースクラスは大成功だったと思います。

ま、レースはおまけでも純粋に『上手くなりたい!』で、
このクラスに参加されてる方もおられるのも事実。

やっぱりいきなりレースはちょっと・・・ って方は
是非ロド天の185CUPに参加してみてください。

そこで顔馴染みになる事も大切な事だと思うし、
何よりもタイヤコントロールに自信付いたらレースに出て見ても
面白いんじゃないかな、って思いますよ。

しかし、185で41秒って・・・ねぇ

通常考えてもTC1000のタイムじゃないっすよね(^^;
205とか、225とかで41秒で走ってる人の立ち場ねぇージャン!
ま、それはおいといたにしてもだ(笑

今回エンジンがノーマルでも色々なアプローチの仕方で41秒だって
出ることが証明されちゃいましたし・・・・
当店でB6フルチューンで185に参加されてる方だって、まだまだ
41秒中盤まではコンスタントに走れるって事も仰られて
おられました(汗

そしてこれから先、タイヤも進化すればTC1000、『40秒台!』
なんてのも夢じゃなくなって来るでしょう。

ま、そんな185が凄く盛り上がってる昨今ですが、
185でそこまで行けるんなら195だって、205だって、はたまた225だって
235だって、もっと頑張らないと行けませんわね(笑

Jfdsc_8360
(アクティブ様より頂戴しました♪有難うございますっ)

今回初Sタイヤ< 050 GS 225-45R16>投入!!!で一番速い
SPクラスでエントリーした

JOYFAST☆Moty'sアクレPANDA号

(結果です)
書くの嫌なんだけどw

SPフリ―走行1本目 40.3 5/5
隣ピットの偽物PANDAは10/12で1番時計出しやがった(笑

この時点で、今日のPANDA号は39秒7~8くらいか?っと
思ってましたが、なにがなにが(笑

SPフリ―走行2本目 41.0 3/15
050温存作戦で、KUMHO V700 235に変更
2本目はV700、TC1000ベストの0.1秒落ち。
1年に1回しか走らないTC1000。ま、1年ぶりのV700って事で
確認しながらの走行。今年1年熟成してきた成果が間違いなく出ている。

REVSPEED取材枠 お昼~ 40.6 周回数不明w
おそらく発売される雑誌には、装着タイヤ『050』と書いてあるだろう(笑
タイヤはこのままV700装着のままです。
気温も上がって来たお昼頃の時間帯。
V700でのベストを更新。

(主催者の三木さんは38秒台に突入!!!(凄) )

SPタイムアタック 予選 走行3本目 40.2 3/13
アレレ???(苦笑
ミスも無いし速く走れてる気もすんだけど(笑 w
ピット入ってメカさんに順位を聞くと4番手か5番手だって!w 
トップ集団は39秒が数台入っる模様・・・マジッすかw
途中ピットイン。内圧調整。
更にアタック。
だが、タイム伸びず・・・撃沈w
予選5番手。

2位 大山オート やま君 39.7
3位 G FREEDOM君 39.9

1位の戸田さんと4位の飯野さんはターボ

2位と3位のNA軍団の中にどー割り込めるか?
しかし、ここでG FREEDOM君がリタイヤ。
ここで図らずも4位浮上w

ミッションブローだそうだ、残念!!
しかしすでにミッションは手配したとか!明日はGTCCだそうで。
熱い若者っ♪(笑



そしてSP決勝
昨年はギア入れ忘れてスタートで空ぶかしwww
そんな失態は許されん!
今回は確実にギア入れてレッド消灯を待つ。


スタート!


今年はバッチリ決まって 3位浮上っ!
やま君を射程圏に入れようとしたんですが・・・アレレ(^^;
ここでの0.5秒の差はやっぱ大きいわ。

みるみる離されていく・・・

周回数12周

序盤は飯野ハンドレッドンワンターボ号を押さえてはいたんですが
中盤1コーナーで少しはらんだ所にインに入られそのまま1ヘアで
ごっつぁん!順位を落とします(ノд・。)

その後は一生懸命おっかけたんですが、最後は1秒3離され

4位でチェッカー。
レース中のベスト。

40.1で更新はしてましたがw

最後の最後まで39秒の壁は厚かったっすwww







Img_0727
決勝でも本当に速かった、やま君。

いつかアナタと絡める日が来るといいな・・・・

Img_0724
という事で、PANDAの悪い点。

コーナーへのエントリーのもたつき感。
これを解消しないとチューンドNAには勝てませんね。
今回決勝レースで感じた事です。
だからレースって車の品評する上でもとても重要なんすよね。

今の時代。
決まりに縛られず本気仕様の車がレースするなんて貴重なイベントです。
それがこのR1-GP。

主催者の意図を汲み取って参加者も意識を高め、これからも
このR1-グランプリが盛り上がっていく事を期待しています。

当店からもPANDA号初め、何台かのお客さん達がいいタイムを刻み、
そして活躍。車も無傷で終わる事が出来たので安心しました。
そして皆さんも楽しんでおられたようです。
また、当日応援に来れたお客さん方!本当に有難うございました。


そして三木さん、ありがとうございました!
また来年もよろしくおねがいします。

今度は三木さんの番!(日光ね)
ロド天での活躍、期待してますっ(^^)/


|

« R1グランプリにて | トップページ | パステル! »