« 再現性 | トップページ | ステアリングギアボックスからの異音 »

2012/03/23

クラッチディスクの摩耗

普通クラッチ操作が上手い人ならノーマルクラッチでも十分
10万キロ以上持ちますが、しかしそれはロードスターならではって
事もあります。軽い車体に細いタイヤ。
要はいい意味で負荷が少なく優しいのです。

乗り方や操作の仕方、使用環境考えると例外はありますが、
ま、大体そんなもんです(笑

最近のノーマルクラッチは良く出来ていると思います。
特にNC。サーキットガンガン走ってもレースに使っても結構
長持ちします。ま、これも例外はありますが・・・(苦笑

Img_1077_3

クラッチの寿命ってのは大体が症状で把握出来ます。
エンジン回転を上げても車速が追従しない
ペダルの遊びが無い
(だからと言ってここで調整するとあとでしっぺ返しだよ)
またオーバーホール時期を先延ばしすると、ディスクのリベットが
顔を出してフライホイールに傷を付け、再使用出来なくなります。
今回のクラッチがそれ寸前でした~

Img_1079_2

よくNBの前期型で見受けられるクラッチのジャダー。
特に冷間時が最低で、ギッタンバッコン酷いもんです(笑
ある程度回転煽って繋げないと真面目に進んでくれないのもありますw
これの原因は主にディスクの歪によるものが多く、当店でも
何度も修理しています。
中にはディスクとフライホイールの当りが悪く、高価なフライホイールが
可哀想な事になってる場合もチラホラ(笑
不均等な当りがジャダーを誘発している場合もあるので、組み付け
の際は研磨剤で表面研磨し洗浄後、組み付けることも大事なのです。
あとフライホイールを再使用する場合は表面のヒートクラックが
無いかも確認します。

Img_1099

今回採用するクラッチはEXEDYから発売されている強化品で
オルガニックタイプです。
理屈抜きで扱いやすさや実績等も踏まえ当店ではこれをお薦め
させて頂いてます。特にスポーツ走行前提の方。
シフトの切れも良くなり、パワーもロスなく伝えられ重量も純正と
比較してもほぼ同等なのは、好感が持てますね(笑

|

« 再現性 | トップページ | ステアリングギアボックスからの異音 »