« クラッチディスクの摩耗 | トップページ | グッドイヤーイーグルRSスポーツ »

2012/03/24

ステアリングギアボックスからの異音

エンジン回転数感応型パワーステアリング
速度じゃなく回転でポンプの発生する油圧を下げ、
エンジン回転数で油圧をコントロール。
更にパワステのインプットシャフトの回転がトーションバーを介し
ピ二オンを回転させるので、激しいスポ走ではトーションバーの
捻じれが増加し・・・って

そんな話じゃなく、(^^;



ゴキ

ゴキ



ステアリングギア内部からの異音修理なんです。
何も重ステにしよう、とか言う話ではないのです(笑)

しかし修理と言ってもねー、今やこの時代。
バラす時間とコスト、それに出るんだか出ないんだか
分かんないパーツを1個1個調べあげる時間あんだったら、
リビルトが早いわけで。
お買い上げ後2年、取り付け後20000キロの保証書もあるわけで。

Img_1116

車両はNA6CEの20万台平成5年車なので、まだ新しい
(って十分古いんっすけどw)
走行距離自体は30000キロなんですが、結構あちこち来てます。
なんなんだろ!?
やっぱ走行距離だけじゃ語れない部分も出てきてますねー。

でもって、車両をリフトアップ。
タイロッドボールジョイントとナックルが結合した状態で据え切り
させると、ゴキ ゴキ って音が出る。
それがタイヤ付けた1G状態だとあからさま。

Img_1125
音を追跡すると、どーやら、こん中が怪しいっぽいw

Img_1124

お疲れサマンサだね

Img_1117

念の為、他に音の原因になっているようなものは無いか?
ステアリングジョイントのガタ等も点検し、それらも何も無い事を
確認し

Img_1123

リビルト品を取りつけます。オイルのエア抜きはしつこいくらい
十分に行い、あらためて確認したところ音は無事消えました。
もしかしてお客さんも長年の悩みに開放されたのかな!?

ホントはねー、分解して中身を確認しスッキリしたいトコなんですが、
何分リビルトなもんで(^^; このままメーカーに送り返しました。
100パー、ギアの損傷かと思いますが。
何か思い当たるふしはないですか?
左側・・・
なんか当ったような跡があるのはお客さん知ってんのかな?(苦笑
)




|

« クラッチディスクの摩耗 | トップページ | グッドイヤーイーグルRSスポーツ »