« めたくそ派輪捨ての重い | トップページ | 第8回袖森フェスティバルロードスター走行会 »

2012/04/05

25へ15の続き

昨日の晩あたりから妙な胸痛に襲われてて、今日は1日絶不調。
深呼吸すると激痛が走るし、喋るのもしんどいw 
多分、筋肉痛だと思いますが暫く様子を見てみよう。。。

さて、2515の続き。

(今回の写真はすべてクリック拡大byプラすちーるさん撮影)

Img_97201

Img_97731

4月に入り、少し温かくなってきた。
1月、2月の様ないい条件には恵まれ難くなってきたんだけど
タイムへの探究心は続く。

PANDA号のECUの仕様
(パワーセーブのパラメータ変更と、メカフィールに近付けた
スロットルマップ変更仕様)は、今年はじめのタイムアタック
シーズンにおいてKUMHOタイヤのグリップにも助けられ、
日光サーキットNCロードスター39秒台を、誰よりも早く
達成出来た。

その後、ほぼ終わりかけのA050(225-45R16)で39秒4と
更にタイムを更新したわけだが、タイヤだけではなくその間
車の進化もあったわけ。

NCに必要なボディ剛性であったり、コンプライアンスさせない
ブッシュの規制化など、やっと最近NCを速くさせる手法が
ぼんやりとだが見えてきた感じがする。

勿論、NC乗りの皆さんすべてにフィードバック出来る範囲での話。
誰しもがこれと同じ仕様に真似できる。
勿論スペシャルパーツなど一切使っていない。

エンジンは2リッターのまま、吸排気+カム交換、
そしてPCM仕様変更。あとは足のセッティングと適度なボディ剛性
そして行きつくとこは軽量化。

(大分どんがらチックなNC乗りさん達も増えてきましたけどねっ!)

そんな毎回、現地では色々なセットを試すわけだっ!
折角来たんですから、走るだけでは勿体ないのだ。

走っては弄り、走っては弄り。
車高バランス、羽の角度、トレッド幅変更、減衰、
そしてバネレート<誰かさんw

そして今回はABS解除もテストしてみたが、
うーん、、、やっぱ俺にはABS無いのは合わないっつーか、
好みじゃない感じ。

それ以前にブレーキパッドももう少し煮詰める必要アリ。
今使ってるアクレのパッド。
速度レンジが高いトコでブレーキリリースした瞬間にフロント荷重が
チョイと抜け気味なのよね。
ここを修正すればNCユーザーにもかなり喜んでもらえるパッドが
出来るんじゃないかな。なので、少し引きずり感があっていいのだ。

しかし、この日タイムはもう40秒台後半でサチっちゃって(飽和状態)
また今までのV700と比べスリップアングル付けた途端に失速。
特に低速コーナー。やはりV700は断然横が強いのだよ。

ま、今回タイヤが変わり特性が変わったのは大きいと思いますが、
実はある簡単なセットを試したところ、面白い発見が!
次回やってみようと思います。

さて、グッドイヤーRSスポーツイーグルについて話をしましょう。
今回PANDA号に装着したイーグルは235-40R17 外径は619。
これはKUMHO/V700の235とほぼ同径サイズ。
日光サーキットにおいては2速、3速を完全に使い切る仕様になって
いるのと、エンジンのトルクと車の挙動を考えたらPANDA号の場合、
225~235幅のタイヤが今のところベストバランスだと考えている。

おとといも触れましたが、ラフな操作が染みついた状態では今時の
国産ラジアルは相手してくれません(笑
途中、やま君や銀のりさんの185を乗らせてもらったおかげで、
最後の方は幾分まともにはなったものの、あとで車載を見ると
まだタイヤに優しい運転が出来てないな。

兎に角、GYの縦のグリップがいいのは驚き。
(ここら辺はKUMHOと遜色ないね)
それに甘んじてコーナーに入って行くと、サイドが当然ヨレるので
ステアリングの切れ角が増す=『手アンダー』に陥る(笑

更にコジると最悪。タイヤのスキール音で、あ、も、これ失速してる。
ってのが分かり易い、分かり易い(笑

いかに、抵抗少なくボトムスピード上げ、ラインに乗せて走るか。
まさに日本のタイヤです。


Img_99751

そして今年春の話題と言えば、ダンロップから発売された
ディレッツアZⅡで間違いない。
NCが履くサイズは今月からやっとデリバリ開始との事。
全国でもスポーツ走行を楽しむ車好きな皆さんに圧倒的な支持を
勝ち取ってるダンロップ。

そんな今回、銀のりさんの車に装着されていたZⅡ。
7Jリム幅と185・ZⅡとのバランスなのでしょうか。
なんとなくタイヤに丸さが感じられ、横にスライドさせないよう縦を
上手く使いトレッド剛性を生かした走りをしないとタイム出ないよ~
そんなニュアンスでした。

横はGYよりも難しく感じたんですが、どーなんでしょ(笑
とっても気を使う感じ!?
いや、それは銀のり号の特性!?
(そこはオーナーじゃないと分からん)(^^;

あとデカイサイズの横のフィーリングが気になりますが。

あと大事なのが内圧だねー。
皆さんそこは企業秘密ですので高めとか低めとか、人によっては
高めが2.8だったり2.6だったり、低めが2.4だったり2.1だったり
色々だと思います。
しかし今時のラジアルはとても温度に対して敏感です。
タイムが出るピークを迎えそれ以上発熱させてもタイムは
下降していくばかり。

内圧の管理は友達や仲間など2人でやると効率よくセット出しが
出来ると思うので、是非やってみましょう。

Img_00841

そして今回僕のお気に入りの写真!!!
青ちゃんに乗るいさぢ君です。

6JにグッドイヤーイーグルRSスポーツの185で、
ワイドトレッドスぺーサーを噛まし、吸排気ノーマル
(あれ?タコ足は変えてあったっけ?)
で、マフラーもノーマル。

そんなお買い物仕様の青ちゃんなんですが、これでも
やま君ドライブで42秒台に入る実力っ!

いや、違う違う(^^; 
この青ちゃんにそんな実力はないない(笑

やっぱり人なのです。

なので今更ながら185カップって凄いんですよ。

すでにスポ走のある日光サーキットのパドック風景を変えようと
してる・・・(マジ)

日光で他車種に乗っていた人達も、ロードスター買って
185かましてくるくらいだし。
185の楽しさの根底ってあらためて深いなーって思う。

当店でもNCの遊び方を提案してるけど、もっともっと沢山のNC乗り
の人たちが日光に集まって、いつか自然にこのタイヤで楽しもうーよ!
的な空気になってくる事を望んでならないね。

そんなニッコーへイッコー >最近は2515って感じですが(笑)
次回は5月の終わりか6月入ってからを考えてます。

5月21日でもいいね。
また告知しますね


あー、胸痛い・・・

|

« めたくそ派輪捨ての重い | トップページ | 第8回袖森フェスティバルロードスター走行会 »