« 2013年より | トップページ | 3世紀より »

2012/09/13

富士チャンピオンレースロードスターカップNC第3戦

今回で3戦目となるNCクラス。

今回の結果次第で今年のシリーズが誰の手に?がおおよそ
見えてくる大事な1戦となる。

NCクラスは殆ど何も弄れないイコールコンディションなワンメイクレース。

よってドライでレースが始まれば、今シーズン序盤から争いを見せた
4台のうち当店から出場の64号車、そして18号車が割り込み
かなりエンターテイメントな面白いレース展開が繰り広げられるの
だけども、今回はWETレース。

タイヤはNA/NBと違いワンメイクなアドバンネオバ205サイズと
決められているので、悩む必要もない。

予選は64号車と18号車が変態、いや、編隊を組み予選スタート。

速さでは定評のある18号車のランマンさんが今季初ポール!
やりましたっ!

Dsc_0088

方や、64号車の芝本選手。

前日の接触により車のバランスが悪く
(後になり問題発覚)タイムが上げられない状況。

前々日の走行では予選2番手には付けられるポジションだった
だけにちと残念。と言う事で予選4番手。

Dsc_0090

で、レースの模様は こちら と こちら を見よ!(他力本願w)

ま、レースの内容はですね、

いつも、

必ず、

何かしでかすランマン選手が(笑)←笑い事ではないが
ま、今年は大目に見るさ。



折角のポールを水に流し(笑)



芝本選手も上位車両のフライングスタートで何とかポジションを
上げられたものの、レースはと言うとトップのウェーバーさんに溝を
開けられた感じで・・・。

正直、WETになってしまうとこのようにバラけてしまうのは
どうにも納得がイカンわけで。

只今ランキングトップ独走中のウェーバーさんは、
ついにチャンピオン王手!

芝本選手がチャンピオン取るには条件付き。

しかしね、

毎回着実にポイントを取って来た芝本選手。

条件付きではあるけんど、まだチャンピオンを狙えるチャンスが
残されてるのは今まで頑張って来た証。
12月の最終戦は頑張ってもらいたいな、っと思うのであります。

ランマン選手もね!

しかし、そんなランマン選手。
速いし、ポールも取れるのに、なんで0ポイントなんやて!?(ぬぉい)

|

« 2013年より | トップページ | 3世紀より »