« リサーチ | トップページ | リサーチ結果 »

2013/05/11

疑惑が現実となってキタ―

って、9万キロ近くサーキット走ってる車なので

なにあっても不思議ではないんですが(笑)

Img_5006

アライメント作業のNCEC。
調整後にキャスター測定した値がとんでもない数字を示すわけ。
なので測定する前とした後で、アジャストボルトの位置が同じなのにも
関わらず1度半以上数値が変わるって絶対にあり得へん(変)w

疑うはキャスター。
最近多いサスペンション形式で、NCECもその部類。
このタイプは惰円の中でボルトが動いて、ブッシュも縦方向に圧入
されてますからNA/NBとは動く軌道が少し違います。

嵌りそうな予感だったので、サクッと調整が効かない右フロント
のアームを外す。

Img_5007

奥はPANDA号のアーム(泣)

そしたら

Img_5009 

切れとるやんw

明日走りに行くって言うし、どーしよーか・・・

部販調べてもアームもブッシュも広島メーカーって言うし

じゃ、しゃーない



亡きPANDA号の遺品を剥ぎとったっ
たー(笑)

で、右は完璧に数値出た―!

っと喜びもつかの間・・・



さっき正常にキャスター出てた左側も数値が怪しい

通常右がダメなら、左もだよね・・・
サーキットも殆どが右回りだし。

左もバラすかw

って事で、アライメント作業なのにすげー時間食ったw


で、

左も外してみたなう、の図


Img_5014 

チーン


左キャスターブッシュの方が酷かったw

これじゃ数値もへったくれも無いわw

いよいよ走行距離の増えてきたNCECオーナーの皆さん、
(特にサーキット走行の多い方)
アライメント調整するのであれば疑う前に交換されても
宜しいかと思います。ま、ブッシュ交換ってやつですよ(笑)

NA乗りやNB乗りさん達が普通にやる作業ですよ、ハイ。



で、仕上がりは


勿論、完璧☆
(PANDA号の遺品なんだから、当然っしょ!w)








|

« リサーチ | トップページ | リサーチ結果 »