« 富士チャンピオンレース最終戦② | トップページ | ロドBAKA+ »

2014/12/10

富士チャンピオンレース最終戦③

Pc065685

予選後はドライバー、メカニック&サポート部隊も束の間の休息だ。

決勝レース前のドライバーは緊張をほぐすために人それぞれ
行動がさまざまで面白いものだが、JOYFASTのドライバーは
不思議とこうしてミーティングルームで馬鹿話して盛り上がるのが
いつもの光景だ(笑)

38364217f5d9a19ff6df1ad0de6f36a418d

この日はロードスターN1レースも決勝日
当店のN-0卒業生、小林弘典選手(通称にゃじさん)も頑張っていた。


さぁ、NANB決勝

既にリザルトを見てご存じの方もいらっしゃるかと。

レースは始まって見なきゃ分からない。
思い描いていた様にならないのがレースだ。

1ed83e15ddbaba9bb27b9d0f0095fdad06a

スタート直後に起きたホームストレートの事故を皮切りにSC導入され
このような形でのフルコースコ―ションは前代未聞のような?

そんな1周目の場所取りの中、黄旗振動を見過ごしたドライバーが
数名。その中にチャンピオン争いをしていたあの方が居たとは・・・

2周目のSC解除後のリスタート。
そのリスタート位置違反でトップ争いしていた1台が30秒加算・・・
その他ペナルティを喰らったドライバー多数

そんな中、終始総合でラップリードした山形選手が今期4勝目。
2位以下を寄せ付けない見事な走りで
2014・NA8シリーズチャンピオンを獲得。

しかしこんなに荒れたレースになるとわね。



決勝結果表

Pc065676

Pc065668

Ba82631351823c1042c64dd5cdf0c3190_2

NB8クラス優勝は戸田選手。

4年連続チャンピオン獲得!!

おめでとう!戸田選手っ!!

そしてNA6クラス

F004ea97a1fa3cdc2f8e80412ccd08d0a1f

この時、僕も

『やっぱりこの人は強いね・・・』って思ってたのですが

Dsc_1098

まさか・・・ね(^_^;)

こんな事になるとわ

Img_0499

棚から牡丹餅と言ってしまえば、そうなのかもしれないが
チャンピオンはチャンピオン。

苦節7年
JOYの門を叩いて2年

遂に登り詰めた


NA6シリーズチャンピオンの座!

カーナンバー23

JoyアクレMoty's☆NA6

ドライバー:山川 穣

JOYFAST史上歴代7人目のチャンピオンとなった。
おめでとう!

しかしながらまだまだ山川選手には残された課題がある。
2015もガチで熱いNA6高速バトルが繰り広げられる筈だ。

B80eda684cf5e42c0a728c32948e43b6f49

そして貫禄のV4

RSC内では歴代最多かな?


カーナンバー11

JoyアクレMoty's☆NB8

ドライバー:戸田 裕一

しかしこちらも来年へ向け課題の見えた最終戦だった。
また2015は新たなるライバルも臨戦態勢だろう。

来年V5を目指すかどうかは今はまだ未定・・・

まずはこの2人にこの1年お疲れさまと言いたい。
そして2人とも本当におめでとうっっ!



さてNC決勝



決勝結果表


スタート自体悪くはなかった64号車、芝本選手。

しかしスタート直後、斜め後方に居た86とドアtoドアで軽い
接触。その合間を見て左から0号車に先を越されるも、ほぼ
キャッチアップ出来る位置でレースが進む。

途中、間に86が挟まるも今年序盤の様な0号車が見えなくなる
ような事は無くなっていた。

でも、もう一歩足りなかった。

ドライバーは昨年から比べると確実に一皮むけ成長した1年
だった。


そしてマシンを作り上げたJOYFASTとしても64号車に投入した
セッティングは全て施したつもり。(もうお手上げ状態ッスw)

来年2015に向け、このオープンクラスのレギュレーションが
どうなるか分からないが、NC1とNC2の性能調整という
意味では、富士の様な大きなサーキットなだけにもう少し
考えてもらいたい部分が残った。それは今年始まった頃から
ずっと思っていた事。


チャレンジクラス決勝

エントリー台数3台という非常に寂しいものだったが
カーナンバー18番、ランマン選手はオープンクラスは
カーナンバー21番の新井選手といいバトルを繰り広げ、最後は
新井選手をパス。
予選タイムを上回る決勝タイムで十分に楽しめた決勝
レースだったようだ。

そしてチャレンジクラスはカーナンバー71番の登坂選手が
シリーズチャンピオンを獲得!!
おめでとうございました(^。^)


色々とあった今年の最終戦。
そして2014年富士チャンピオンレースロードスターカップ。

ドライバーがこうしてレースに打ち込めるのもサポート部隊の
皆のお蔭。
そして、それを支援して下さっている各ご協賛メーカーさん
のお蔭です。

今年はこのメンツで東北に遠征行ったのもいい思い出になりました。
SUGO、富士とこの1年大きな事故も怪我も無く、無事にレースが
終わった事をエントラント代表としても安堵してます。

また来年も可能な限り各ドライバー頑張ってくれると思いますので
今後とも引き続き皆さんのご支援ご鞭撻を賜りますよう
よろしくお願い致します。

今年1年、本当にありがとうございましたっ!!
 

_dsc6301

(じゅんちゃんのウン○座りについてはコメント受け付けませんよぉー)

スペシャルサンクス

Moty'sオイル様
ACREブレーキパッド様
ガレージベリー様
ジェットストリーム様
チームメタボの皆
サポートのお客さん

大山オート様
だ―よしさん
クロッテさん





|

« 富士チャンピオンレース最終戦② | トップページ | ロドBAKA+ »