« レース1週間前 | トップページ | 法改正 »

2017/06/21

走りが変わるアライメント

アライメント調整もメーカーの基準値に調整し、合わせる
だけじゃなく、何故その数値にしたの?するの?って事を考える事が
とっても大事。

ロードスターってキャンバーもト―もキャスターも弄れちゃうから
自由自在。

車が沈んだり、浮いたり、ステアリング切ったりすると
数値がどう変化する?

そうゆう事も考えJOYFASTでは、数値を決定しています。


ようは、動的アライメント。


まずは調整する前にお客様の現状をお聞きし、現状を把握。
場合によってはサーキットでの車載カメラを見させてもらったり
実際に試走させて頂きます。


そして提案させて頂きます。

Lbmlc_e1

当然、車両によってはバネレートも違いますし、デフの仕様、
特性も様々ですね。

その中でお客様の要望も加味しながら、今まで培ったNANB
NCNDの膨大なデータの中での選りすぐりを皆さんの愛車に
インストールさせて頂いてます。

Qbhqr59d

こちらは最終画面での一括測定

キャスターは出ておりませんが、既に意図したキャスター角に
してありステアリングの舵角 45度 80度 と増やして行った時の
前後バランスを確認してる画面です。

ステアリングを切ってスラロームした時、ロールする軸を
センターに感じられる車は前後バランスが凄くいいと思う。

JOYのアライメントはそうゆう事も考え調整してますから
そこを感じてもらえたら嬉しいです。

きっと、ハイアマチュアやプロは分かるかも~ 笑

実際に昨日、片岡龍也プロに乗ってもらったお客様が

よく曲がる
バランスが良い
セットアップが良い

との、太鼓判を頂いたようで喜びのメールを頂きました!
本当に嬉しいですね。





|

« レース1週間前 | トップページ | 法改正 »