https://twitter.com/JFsajikun_ パーツ情報: SAJIKUNダイアリー

パーツ情報

2020/09/23

KYBエクステージ

今日ご紹介するのは、KYBのエクステージ

ハイスペックな車高調までは必要なく
程よいローダウンで街乗りを楽しみたいって方に
おススメします。

Image2_20200923204601

Photo_20200923204601
ノーマル形状ながら、減衰調整機能も付いてるので
走るステージに合わせ、車の挙動も楽しめます。

Image3_20200923205701
Image1_20200923205801
リアもオプションのアタッチメントワイヤーを装着すれば
ソフトでシックなタッチ感になりましたw


バネレートはFr2.3 Rr1.2
開発はND5RCなので、RFだと車高バランスがDATA通り
行かないかも。

今回の装着した車両は若干フロント下がりな感じなので、
大分フロントがきびきび動く感じ。

車高は勿論、車検対応レベル。

コンビニもコインパもスーパーだって、臆することない。

リアは簡単に破綻する感じもなく、ノーマル足の
ふらっとする怖い動きもなく、初期から減衰が効いた
安心感がある。

前後の減衰の差は8ノッチ

路面の凹凸もしなやかにいなす、ノーマル+α的な乗り味。


価格もリーズナブル。

ですが、NDもそろそろアッパーマウントブッシュ、
バンプラバー、
ダストブーツなど、劣化してる車両が
増えてきましたので、
その辺りのパーツも一緒に交換
をお薦めしたい。


ゆる~く楽しみたい方にはお薦めのサスKIT。






|

2020/09/15

お久しぶりのガレハンバンパー

Photo_20200915211501
さて、今週も1週間の始まりです~

今日はこの子から。

最近NAでサーキット走行に目覚めてしまったT様のNA8

毎回色々と手を加えさせて頂いておりますが、

今回は冷却の強い味方となる、ガレージハンドレッドワンさんの

バンパーをインストールです。

T4
塗装する前に、先ず仮合わせ。

塗装する前のバンパーですが、綺麗ですね~

仕上がりが楽しみです(≧▽≦)


|

2020/09/12

JOYの今のトレンドは、ブッシュ交換

最近流行ってます、ブッシュ交換(笑)

何かが始まると、それが続く連鎖反応。
なんだろね?


119236684_737247207055874_59463670453628
NA/NBは22箇所のブッシュがあり、
それぞれメーカーが意図した
ゴムの硬さになってますので、
間違えないように(笑)

そんなブッシュ交換が最近続いてます。

ブッシュ交換も色々あれど。
フルで純正もあれば、
ブッシュとピロブッシュを融合させたハーフ&ハーフ
もあり、そしてフルピロもあります。

どれがベストというのはありません。
そのオーナーさんの使用目的、どう動かしたいか?で
他の部分にもいい意味でも悪い意味でも影響を及ぼすのが
ブッシュですから、ある意味非常に繊細なパーツ。
分からない事あればご相談くださいませ。

さて、話は戻り

当店ではブッシュ交換する際、まずは洗浄から始めます。
119232195_787428888680307_28670591487563
洗って、乾かして

119230141_337520460933416_48140471779407
錆びの酷いものは錆を落とし

119026546_722295191659861_50901789467476
乾燥させたら

119191738_2768463116762236_3394024006054
仕上げにペイント。

119234731_2723857237856381_4272226856412
勿論メンバーも綺麗に塗って

119246343_710290343163824_19153602751150
乾燥タイムに入ります。

119168975_1258133437872261_6269481814774
今回一緒に取り付けるサスペンションKIT
オートエグゼさんのストリートサスKITです。
コンセプトはストリートベスト、
量産以上チューニング未満という
事なので試乗が楽しみ。

バネレートはFr3.6 Rr2.3
オフセットをあまり攻めすぎていないNAには丁度いいかも。
車高ダウン量はノーマル比<既にノーマル車を知らない
世代多くね?


-15㎜


いわば、当店が売ってるKONIリプレイスメントにショコラバネ
バージョンみたいな感じかな。
お値段はリーズナブルな140,800円(税込み)


|

2020/09/09

レッグモータースポーツさんのオイルキャッチ&ウォッシャータンクのご紹介

当店RF★TIGER号にレッグモータースポーツさんの
オイルキャッチ&ウォッシャータンクを取り付けました。

Image2_20200909214501
サーキットやスポーツ走行などで高回転を多用する様な
走り方をする場合は、特にブローバイガスが発生しやすく
なります。

その為、エンジンから出た不純物が、吸入した空気と
混ざるのは当然のことで、それにより吸気経路も汚れます。

それを一旦タンクに戻して不純物を除去し、吸気に
戻してあげましょ、って言うのがキャッチタンクの役割。

ま、100%とは行きませんが...

エンジンブローした時も他人に迷惑を掛けないって意味では
十分役立ちますwww

容量もレースレギュレーションに合致した2Lになっていて
ウォッシャータンクも併設。
これはグッドアイディアです!

Image3_20200909214601
職人技が冴えまくる、素晴らしい溶接ビードで見た目も良し!

Image4_20200909214501

ND5/NDERC用で付属のパーツを使えば、ホースの取り回しも
変更がききます。
細かい所の気配りは、流石レッグモータースポーツさんです!

Image5_20200909215001
お薦めの一品です。

販売価格40,000円(税別)取り付け工賃別









|

2020/09/06

2021

フィジカルディスタンス走行会明けから
ブログ更新出来てませんでした。

もー、めちゃ忙しくて💦
ブログ書いてる時間もありませんでした。

フィジカルディスタンス走行会の模様は
休み明けにでも書きますので、もう少しお待ちを~

さて、もうこんな時期(笑)

Photo_20200906225801
来年のカレンダー
お馴染みBOWさんの「2021ロードスターディズ」です。

1部税込み 1870円 となります。

そしてもう1つ

Photo_20200906225901
漫画家 田中むねよしさんが描く
「ロードスターファミリー2021」


こちらはCDケース入りの卓上カレンダーとなります。

1部税込み 1320円 となります。

田中むねよしさんの描く絵は、現実味帯びてる(笑)


両方とも在庫御座いますので、よろしくど~ぞ~!




|

2020/08/06

MEGA・LiFe Battery 取扱開始~

Mega1

MEGA・LiFe Battery 
メガライフバッテリー

リチウムイオンバッテリー(LiFeP04)のご紹介です。

Mega0
特徴

リン酸鉄リチウムを使用することで、
リチウムイオンバッテリーなどで
起きる加熱、爆発などの
懸念がありません。


メガライフバッテリー独自のIBMS(バッテリー管理システム)
によって、
二重で加熱、火災を防止しています。

IBMSは監視・保護のみならず、
最適な充放電を実現することで、
バッテリーの寿命も
延ばしています。

純正バッテリーを上回る、圧倒的なCCA値!

安定的な放電パワーでエンジン性能にも貢献します。

Eeoeftvaasysiv

また独自のケースで防水3m、対衝撃性10m落下試験にも合格。
自然放電率も、鉛バッテリーと比較してほぼ1/10。


Photo_20200806192401
また万が一、バッテリー切れの状態になった時でも、

本体に付いてる「予備バッテリー起動ボタン」を
押すことで、再始動可能。

保証も3年間の保証付きです。
(1つ1つに、ユーザーカードが発行済)

T1
また、製品には1つ1つ箱にバッテリーの状態を示す
テストレポートが貼り付けてあります。
こういった配慮も嬉しいですね。

ロードスターは全車種対応です。
早速当店ではNAとNDで装着確認しました。


Eepi5wwu8aewgai
NA

Eeoefvu0aecp29
ND

両方とも純正ステーがそのまま使用出来ます。

また付属でDIN端子用アダプターが入っているのも
嬉しいですね。


更に別売りで、専用充電器 バッテリーテスターの
設定もあります。

NA/NB 49200円(税別) 重量4㎏
NC/ND 57000円(税別) 重量5㎏
充電器6A 5400円(税別)
バッテリーテスター 11400円(税別
)

ロードスターは全車種、バッテリー搭載位置が
オーバーハング位置にありますので、バッテリーの
軽量化は、車の挙動にも効果抜群です。
サーキットやレースユーザーのみならず、
シティユーザーの方にもお薦めです。


Eeoefuueaa9swq 

正式に正規販売店となりましたので、

ご興味のある方は是非、当店にてお買い求め下さい。




|

2020/07/31

TYPE7

エスケレート TYPE-7

人気のシートですね!

やはりロードスター専用と謳ってるだけあって
当店でも試座されに来られるお客様、多いです。

サイズもMとかLとか
生地の素材や、カラー、グロメットの色や
スピーカーの装着、シートヒーターまで。。。
選べるオプション多数
勿論車検対応!

今回は新車の5BAのNDにインストールさせて
頂きました。

St1
オーナーさんは富士チャンピオンレースの
ロードスターレースで何度も優勝した強者です。
シートポジションにも拘りがあります。

色々と調整したら、シートベルトアンカーが
下に潜ってしまった
ので、次回これを付けましょう。

P47npo
P47npo_rail
最近の短めのシートベルトアンカーには、気の利いたパーツ
約7.5㎝延長してベルトの着脱がし易くなりますね。
またのご来店お待ちしております。(笑)

7月も今日で終わり。
今月もありがとうございました。




|

2020/07/01

競技専用マフラー

Rracingスペシャルマフラー

ステンレスバージョンです。

Image0_20200701222801
非常に手の込んだレーシングマフラーです。

マフラーの絞り位置や長さを変更しテストを重ね
ダイナパックで計測しながら製作。

馬力は(ノーマルマフラー&社外中間パイプ 比)で4PS
トルクは4100rpmをピークに0.6kgmアップ。
そして、実際のラップタイムも立証済み。

更に、音もレーシ―でやる気にさせます。
(でもアイドリングや、負荷を掛けなければ煩くない)

重さは、純正リアマフラーと社外の中間パイプで19kg
に対し、Rracingマフラーはステンレスで総重量8.2Kg。
チタンの設定もありますが、ステンレスでも十分な軽量化。

中々マフラーでここまでの性能を出すには、開発にも
根気が要ります。

Image1_20200701223701
エキマニとマフラーとのフランジ接続部分も美しい仕上がり。

Image2_20200701223801
PPFにぶら下げるマフラーゴムとステーは削除。
ここだけでも数百グラムの軽量化。

リアメンバーの既存の穴を利用して吊り下げます。
また新たな選択肢として、NCオーナーさん
如何でしょうか?

Image3_20200701224101
さて、NC用で2㎜に引き続いて3㎜プレートも
本日出来上がって来ました。

2㎜が18000円
3㎜が20000円
勿論2枚1セット価格。

セットアップパーツとして如何でしょうか?

ND用は来週くらいかな~?




|

2020/06/20

剛性アップで得るもの

かなり面白いセットアップパーツが出来ました。

対応車種は、NCロードスター NDロードスター

商品名は「リアダイアゴナル強化プレート」

と、言います。

厚みは2㎜と3㎜の設定があり

組み合わせによっては、4㎜、5㎜も出来ます。

Image0_20200620205601
Image1_20200620205601
純正のダイアゴナルプレートにサンドイッチして取り付けします。

本日もストリート~サーキットまでオールマイティに
走られてますNCオーナー Iさんが装着し
早速インプレッションを頂きました。

今回取り付けたのは2㎜。
Rrのバネレートは8Kです。

では、サッと乗って感じたインプレをどうぞ(笑)


 

さっと乗った感じですが、、、
曲がるように(頭が入る?)なりました。

車のレスポンスが良くなったように感じます。

ハンドルを切り始めてから、車が反応するまでが速いというか。

発進する時もそうなんですけど。

後ろ寄りで、アンダーが強くなるかと予想してましたけど
リアの車高を、1ターン上げたぐらい曲がる感じです。たぶん。


車の一体感があるというか。


一般道の凹凸は、予想どおり良い感じです。

あとは、サーキットで、ですけど

足らない場合、どういう動き方しますか?


今のところデメリットは無いです。


リアにタワーバー付いてるのに、意外と変化しますね。

余程、剛性が無いのか???




たかが2㎜、されど2㎜なんですけどね。

街乗りでここまでわかるくらい、体感出来ます。

ではサーキットではどうなの?
既に答えは出てます(笑)
散々やりましたから~
1つ言っておくと、バネレートによって
厚みが変わります。(ここテストに出ますよw)

厚みを変えたときのメリット、デメリットも
お客様にはアドバイスさせて頂きました。


後日3㎜も発売しますので、


きっと購入して頂けるかと(微笑)




 

 

 

 









|

2020/05/23

デジキャン

鍛造成型で強度もあり、スタッドボルトも
クロモリモリブデン鋼

K-SPECのワイドトレッドスペーサーです。

Qqq
リアは何の問題もなくボルトオンですが、

フロントは

Qq
デジキャンワイドトレッドスペーサー専用のハブリングが
奥まで嵌りませんので、旋盤で追加工です。

恐らく石が挟まったであろう。。。
ローターの傷が気になりますが(笑


という事で。

ホイールとハブの隙間を無くして、芯ブレを解消。

高速走行時のホイールのブレを防止して、安定性アップ!
値段もリーズナブルですが・・・
納期が掛かり過ぎるのが、難点(笑)

 

|

より以前の記事一覧