2017/04/01

厚底Aにトッププレートを追加

厚底Aにオプションで、トッププレートを追加しました。

Obm07ppo

左側が今までの厚底Aトッププレート


右側が今回追加されたオプションのトッププレートです。

特徴はブレーキペダル側に7㍉プレートを延長させました。

その理由としてはトゥ&ヒール、トゥ&トゥが更にやり易く
なるようにと開発しました
人によっては足の大きさも様々ですから、こちらの方が
しっくり来る方もいらっしゃるかも知れません。


既に厚底Aをお使いのお客様でオプションのトッププレートと
交換される場合は、今お使いのトッププレートと差し替える
ような形でご使用ください。

お値段は1枚3,000円(税込)

厚底Aとセットでのご購入の場合は9,300円(税込)となります

2qhfc_s_

上の画像をよく見て頂くと7㍉延長した所に靴の跡が見えます。

シフトダウンする際にアクセルペダルが隣に居る幸せを
感じて見てください。

これでまた更に運転が楽しくなる筈です (^O^)











|

2017/03/25

ND/RF用フラッシュエディター

ご好評頂いております、ND5RC用のフラッシュエディター

RFが発売された事で、HKSからの追加ラインナップを待って
いたのですが一向に出る気配が無いので、開発しました。

Rf1

フェイズ1もフェイズ2も、当然パワーライターモードも
存在しないのでノーマルデータから1から作り直しです。

Rf3jpg

Rf4jpg

Rf2jpg
幾度もパワーチェックしながら、馬力はピークで10ps
エンドで約13psまで載せました。

トルクもほぼ全域で1kgf.mアップ!

6500で頭打つ感じのRFが伸びやかになり高回転まで気持ち良く
廻るようになりました。

特に最近のエンジン、スカイアクティブGは点火ではもうあまり
パワーが上げられません。既にギリギリです。

ロガーで確認したところ、フラッシュエディターでは決定的に
触れない部分もありました。その場合はCPUを書き換えしたほうが
良い結果が得られるかもしれません。

1

特に最近ではエアクリーナーやタコ足、ポンカム・・・など
各方面でチューニングアイテムが出始めて来ています。

パーツの組み合わせによっては、エンジンチェックランプの点灯や
アイドリングが安定しない等の症状が発生する場合もあるので、
その場合はCPU書き換えがお薦めです。

Img_9598

兎に角現段階ではRF用フラッシュエディター、快調です!
(エアクリーナー純正 プラグ純正 社外マフラーのみ)

赤がノーマルデータ
緑がRF用フラッシュエディター JOYSPLデータ

ND5RC同様、低回転域~高回転域まで、どこから踏んでもとても
気持ちいいです。

漸く2リッターエンジンが目を覚ました感じです。

本日より発売開始しますので、どうぞRF用フラッシュエディター
も、よろしくお願い致します。

価格は80,000円(税別)です。

 

|

2017/02/22

REDTIGER☆RFさんのお屋根をチューンw

はい、またまたRFネタですwww

(暫くお付き合いください 笑)


今回はですね、RFでもVSのメーカーオプションでしか
無かった、ルーフのピアノブラック化に着手してみましたよ!

Img_9073

ピアノブラックと言っても塗装する勇気は無かったので 笑

ピアノブラックのような艶有りの3M社のシート(勿論、屋外対候性仕様)
を貼る事にしました。

Img_9074

Img_9075

まずはメインの部分を貼りまして、ナイフレステープで
ルーフのラインに沿って綺麗に貼り合わせて行きます。

Img_9076

ソウルレッドと黒のコントラストがとてもいい感じです!!(^O^)

Img_9081
今回は洗車傷なども付きやすい、後端部分のピアノブラック表面
にも保護としてシートを貼りました。

Img_9084

そしてサイドのダミーウインドウにも!

Img_9083

これで傷が付いても気になりません 笑











そして、完成!!









Img_9085

ジャ―ン!

如何ですか?

C5qw9gmukaefnna_2

ルーフが下がってより車体がシャープに見えるようになりましたね!

これはアリでしょ!

RFの屋根はブラック化で決まりですね~


つか、これを特定グレードのメーカーオプションとか...あり得ない。

マツダさん、もう少しユーザーの事考えてみてわ?

|

2017/02/17

REDTIGER☆RFさんにフロントスポイラーを装着!

Img_8996

プロテクションフィルムを施工したあとは、お顔を更にイケメンへ!

チョイスするは勿論、ガレージベリーさんの製品

フロントボトムスポイラーで御座います!

Img_8980

Img_8981

いや~、カッコいいですね~

今回はカーボンではなく、敢 え て !

ソウルレッドを際立たせる為にピアノブラックにペイントして
見ましたよ(^^)v

Img_8942

同時にエンブレム関係もピアノブラックにペイントして、
明と暗をハッキリクッキリ分けて、より気品でスポーティー感の
あるRFに仕立ててみましたっ!

いいでしょ!

Img_8979

あ、因みにナンバーステーもウチのオリジナルですよ~(^O^)


と言う事で、一先ずエクステリア系は完成したので、
明日は愛知県のキョウセイって所へ
『NDだらけのジムカーナ大会』へ行ってきます。

参加される皆様、どうぞよろしくお願い致します。

おっと、イケね~イケね~

まだ慣らしの最中だったぜ。

危ない危ないw


|

REDTIGER☆RFさんにプロテクションフィルムを施工!

さて、レッドタイガ―RFさんのお色直し第2弾!!

今回はXPELプロテクションフィルムの施工を致しました(^^)v

プロテクションフィルムとは、飛び石や傷、タイヤカス、虫の特攻など
を防ぐボディを守るための柔軟性のある特殊フィルムです。

大切な愛車のボディを守りたい。。。

そんな方には打ってつけのサービスではないでしょうか。

Photo
今回レッドタイガ―さんはボンネット前部 ヘッドライト デイライト
フロントバンパー全面 フェンダー前部 

そしてドアのアウターハンドル内側と、ドアの後部ドアエッジ部分
にもフィルムを施工しました。

Img_8946
作業開始前です。

この日は午前から暖かい日差しが降り注いでくれてましたので
作業も捗りますが、やはり気温が低いと施工側も大変です ^^;

Img_8949

Img_8954

Img_8961
ボンネットからフェンダー、そしてバンパーからヘッドライトと
職人さんが手際よく貼ってくれます。

Img_8965
傷がよく目立つアウターハンドルの内側。

Img_8966
ちょっと分かり難いかもしれませんが、ドアエッジにもプロテクション
フィルムを貼りました。オプションなどでよくあるモールより
目立たず美しいですよね!

あとお薦めとしてはドアの下、乗り降りする時に靴が擦れ合う
サイドステップ部分。ここもガ―ドしてあげるといいかもしれません。

Img_8963
施工時間としてはほぼ半日掛り。

ところどころ気泡や溶剤の残りなどが目立ちますが、定着し始めると
それらも消えて殆どわからないレベルまで行きます。

但し、場所によっては消えない場合もありますのでその際は
再度ご入庫して頂いて調整など必要になる場合があります。

Img_8972
ボンネット上の境目もこんな感じです。

Img_8971
5m離れれば分かりませんけどね! 笑

今後はCピラー部分のピアノブラック、ルーフ後部のピアノ
ブラック部分も施工できないか?メーカーさんと思案中です。

と言う事で、RFに限らずNDロードスタ-でしたらデータがありますので
同じような内容で施工出来ます!

その内、ホームページのコンテンツのメニューの中にもサービスラインナップとして加えますので。

気になる方いらっしゃいましたら是非お問い合わせ下さい。

|

2017/02/14

レッドタイガ―RFにT66-JFDを装着!

インチダウン成功です!!!

Img_8932

つか、ウチのオリジナルホイール
T66-JFD 7.5J-16 INSET28 ですけどね!(^^)v

以前からもT66-JFDは16なのに17っぽく見えるよね、って事で
評判でしたが、

標準で17になったRFにはとても似合ってると
思います。

 

Img_8935

足元が黒になるのでかなりスポーティなイメージになりますが!

 

Img_8936

スペーサー無しでこれくらいです。

ま、車高&キャンバー角ありきですが ^^; 

如何でしょ?

 

バネ下の軽量は効果覿面です。
今回のインチダウンではタイヤサイズ205 50R16 4本を含め
合計5.6キロ軽くなりました。

DATA
純正ホイール+純正BSタイヤ205 45R17 17㌔
T66-JFDホイール+GYイーグルRSS Sスペ 205 50R16 15.6㌔

 

Img_8930

 

Img_8931

トレッドとタイヤから伝わる入力は快適にスポーツドライブを
楽しむと言う意味では非常に重要です。

特にRFではそれを感じます。

 

バタンが、ストンに!
そしてステアリングを切り始めたところから車全体の踏ん張りが
向上し旋回中も安心感が増しました。

 

タイヤは使い慣れたRSスポーツイーグル。
スポーツラジアルなので多少のロードノイズは拾いますが。
新しいコンパウンドSスペックも楽しみです。

是非、当店T66-JFDホイール
ご検討のほどよろしくお願い致します<(_ _)>




|

2017/02/11

ガレージベリーさんの

さて、レッドタイガ―RF号も外装に着手です(^^♪

_ifwfuzm


今回はガレージベリーさんのリアスポイラーです。

以前のホワイトタイガー号にも装着していたリアスポイラーですね。

上のカーボン平織りは表面にクリアを入れて対候性を上げました。
今度お客さんのNDに装着します。

装着するとこんな感じ
 

               ↓

12b

この自然な感じがカッコいいですね~!

そして本日、レッドタイガ―RFにも装着してみましたよ!

H8n4om1

レッドタイガ―号はボディ同色にしてみました (^^♪

いいでしょ~

RFは同色がいいな、っと思って。

今日ご来店頂いたお客さま達にも好評でしたー

|

2017/02/05

遂にRF、開発開始です

4xopin2k

2017年2月3日...

当店にロードスターRFが納車されました。

因みに当店RFの生産日は2017年1月24日。

はい、車の誕生日です。
こんな事も知っておくと愛車の愛着も更に湧くものデス。

さて、Dラ―さんから引き取って来てRFさんはいきなり
リフトアップですwww ^^;

Vbsemhpt

0u6b4lel

右がホワイトタイガー1.5
左がレッドタイガーRF

両車を見比べながらパーツを細かくチェック!

色々と分かりました(^O^)


そして車重(コーナーウエイト)・アライメントのチェックもしました。

Jm5osyt8

まず車重チェック!(クローズ時)
ガソリン満タン(容量45L)で1099㌔ 

ほぼ1100㌔です。

左右差こそありますが

T16cewq0

クロスウエイトは51:49

優秀です。




そしてオープン時


Pwq3qpja_2

ご覧の通り重量物が後ろへ移動するので3㌔ほどリアの重量が
増えます。

んー、
ND5の時と比べると左右の重量バランスが気になるけど
近々車高調も入りますしw 

セットが出てきた時点でまた計測してみましょ。

17g9pmd6

次にアライメント

こうしてみると重くなったボディを気持ち良く曲げようと
するメーカーの意図が見えますが・・・
リアト―は話にならんねw

こうして見ると新車でも左右バラツキがあるのが見て取れます。

キッチリ左右差合わせてアライメント取ることでNDのみならず
ロードスターは走りが激変します。

ロードスターはアライメントが命の車ですから、是非新車でも
アライメント調整をお薦め致します。

4x0ltofe

次に純正ホイールとタイヤの重量チェックです。
RFからタイヤはBSになりました。

サイズは205-45R17
外径は以前の195-50R16より直径で約16ミリくらいデカく
なりました。

そしてリム幅は6.5Jから7Jに変更になっています。
INSETは45ですので、ND5と変わりませんがリム幅が
広がった分見た目も少し外に出ています。
こう言った部分もRFチューンと言った感じですね。

Vvly5wph

重量は、

タイヤ込みで16.3㌔

17インチの割には軽いかも!?

RSのBBSは何キロくらいあるんでしょうね?(気になる)

ま、ウチはオリジナルホイールT66-JFDがありますので
<インチダウンの16インチ205イーグルRSS>
そちらもあらためて重量チェックしてみましょうね

純正ブレンボ、T66-JFDに取り付けられるかな?!





そして、足回りバラシ作業が始まりました・・・w

05_bzjwf

B8dw_lij

もしもし?イサジメン??

続く・・・








|

2017/01/27

流用

NDロードスターに、

と、ある車種のパーツを流用しました。

49oxlmed_2

鋭い人は直ぐ分かるかな?^^;


左右2個で1,800円(税別)


『NDリアバンパー サイドフィンカバー』


そんな商品名ですかね?


こんなさりげなさが、カッコいいのだ♪







 

|

2017/01/08

重要:クラッチストッパー装着車両についての注意点

ND用クラッチストッパー

最近は124スパイダーのお客様もご購入頂けるようになり

お客様には大変ご好評頂いてるパーツですが。

1つデメリットがあります。



※クラッチストッパー装着車は必ずご確認下さい。


それはクラッチレリーズから行うエア抜き作業での事です。


当然クラッチペダルのストロークを規制しているわけですから、
クラッチストッパーが装着された状態ではフルストロークしません。
エアが抜け切らず、100%の作業が行えません。
よって、


クラッチのエア抜き作業を行う際は必ずクラッチストッパーを

外して作業を行って下さい。

作業が終わったら再度装着してください。





以上、クラッチストッパー装着車両についての注意事項でした。

P1

 

|

より以前の記事一覧