https://twitter.com/JFsajikun_ 富士チャンピオンレース結果報告2: イサGメンブログ

« 富士チャンピオンレース結果報告1 | トップページ | 富士チャンピオンレース結果報告3 »

2010/12/15

富士チャンピオンレース結果報告2

Dscf0321
予選終了後、ドライバー達は決勝レースへ向け
己のコンセントレーションを高めて行く。

他のレースを見ながら妄想する者や、
椅子に座り、一人になってジッと目を瞑る者。
はたまた、あっちフラフラ、こっちフラフラする者(笑 だったり
スタッフルームで自身の予選の走りを見ながら妄想する者

富士でのレースはハイスピードバトルであるが故、1つのミスで
重大な事故が発生する危険がある。

特に危ないのは、クラス混走でのレース。

富士チャンピオンレース・ロードスターカップは1600と1800とで
クラスが違う。しかしながら今年1800クラスの中にNCが入って来た。
と言う事は同じロードスターであっても、速い所・遅い所が違うわけだ。
ライン取り1つ取っても違う。

ランオフエリアが広く安全な富士とは言え、
(一度コースオフした車が再度コース上に復帰し易いのも富士)
後方からはとてつもないスピードで接近してくる車が居るわけよ。

レースは一瞬が大事。
その一瞬で何かが起きる。
その一瞬一瞬を判断、操作するのがドライバー。
それは順位の変動かもしれないし、事故なのかもしれない。

今回大所帯となったチーム及びドライバーさん達。
僕は最終戦に向けチームの安全とドライバーの安全を願ってました。
(なので先日の祈願)そこで順位が付いてくればこの上なく最高かと。

でも安全を願ってても、それを通り越してしまうレースがある。
それがロードスターのN1レースであったり、このNA6・N-0クラス
であったりする。

非常に高度な技術を持ったバトル。
誰が勝つんだろう???

見ている観客は手に汗握り、まるで自分が走っているかのような
錯覚に陥ってしまう。

そう、
これこそがレースなのではないか?



Img_1098
小林、茂木、前田

この3名が0.5秒以内の中で毎周バトル
トップが入れ替わる・・・


Img_6749
次なる出番のドライバー達もモニターに釘づけ

入ってるのだよ(笑)

まさに一体感


Img_1112
序盤、上手くスリップに入り得意の1コーナーでトップを奪取、
快走するも、


Img_1148
中盤、最終セクションが上手いEJ-WING☆IDI・NA6前田選手に前を
行かれ、


Img_1173
終盤、大山オートVARYアクレNA6 茂木選手に前へ出られ、
3位へ後退。万策尽き・・・万事休す。

ファイナルラップ、
上手く、大山オートVARYアクレNA6 茂木選手がトップへ抜け出し
最終立ち上がりも速い。
(実は茂木選手のマシンにはイノベーションマフラー57Фが
付いていた、宣伝)(笑
勿論、小林選手のもそうですが・・・
あとは前田選手だけですかぁ~(チクリ

結果

1位 大山オートVARYアクレNA6 茂木選手(初優勝)
2位 EJ-WING☆IDI・NA6 前田選手(シリーズチャンピオン!!!)
3位 ジョイファストIDI☆NA6 小林選手(シリーズ2位)

という結果になりました。

小林さん、

残念でしたが、このようなコメント頂いてます。

//////////////////////////////////////////////////////

皆様応援、サポートありがとうございました。
応援の皆様には申し訳ないけど妙に清清しいにゃじです。

Nゼロ始めるにあたりジョイの門を叩いた4年前。
Nゼロレースを見たことも無く参加してしまってウロウロする
にゃじを現場で誘導してくれた○○○さん。

2年目は念願のチャンピオン取りつつも、悲しい出来事もあったっけ。

3年目は前人未踏?の2連覇に挑んで達成。
でもジョイからの参加はにゃじだけでちょっと寂しかったな。

いろんな出来事が思いおこされます。

今年。当初から1戦お休みでのコースレコード狙い。
これも達成。
どういうわけか2勝して自力チャンピオンの目が出てきてしまった
最終戦。

昨年とうって変わって総勢6台25名の大舞台。

Nゼロ始める時にした約束果たせたかな??

レコードはいずれ取り返しますよ。
冬じゃなくても大丈夫。すでにいろいろ考えてますから(笑)

全14戦参戦中 表彰台13回 優勝5回 けっこう頑張ったでしょ?

とにかく今はいろんな意味で一休みってことで。
皆様ほんとにお疲れ様、&ありがとうごさいました!

/////////////////////////////////////////////////////////////

何か、泣けて来ます。

まず今は、ゆっくり休んで、と言いたいです。

小林弘典

通称『にゃじさん』

僕はジョイファストのドライバーとして誇りに思います。

羽無しのNA6こそが真のロードスター使いと、俺の勝手な持論
に4年間も付き合わせちゃってゴメンなさい。。。

また皆さんは何処かのサーキットで会えると思います。
その時はまた応援してあげて下さい。

ま、本人まだ辞めるつもりは無さそうですが(笑

まずはお礼を言いたいです。

本当にこの4年間楽しませてくれてありがとうございました。
お疲れ様

| |

« 富士チャンピオンレース結果報告1 | トップページ | 富士チャンピオンレース結果報告3 »