https://twitter.com/JFsajikun_ 富士チャンピオンレース結果報告3: イサGメンブログ

« 富士チャンピオンレース結果報告2 | トップページ | 信じられない… »

2010/12/17

富士チャンピオンレース結果報告3

さて、最終レース(最終回)
NB8C、NA8C、NCEC クラス混走レースの始まりです。
まずはNB8クラス


Dscf0305

今回予選3番手のJoyMotysIDI☆NB8 戸田選手

Img_1563
前日の練習走行でリアサスに違和感を感じていた戸田選手。
その日は全体的にラップタイムも大幅にダウンしていたそうなので、
それほどその異変に対しも深刻に思わなかったそうだが、
いざ当日になると症状の深刻さが露呈。

当日ピットにてリアサスを全部ばらして点検したが、これといった
原因が掴めず。。。メカニックの方もドライバーに不安感を
持たせないよう左右の微調整を施し、決勝に送り出した。

しかし、彼には武器がある。
それがブレーキ。
前日にIDIが用意してくれた戸田スペシャルのブレーキパッドで、
決勝では前の新井選手に詰め寄るが、
肝心のストレートが伸びない・・・(真っ直ぐもかよw)


うぅぅ

特に顕著なのがストレート中盤からの伸びと、100後半の登り。
ここで明らかに差が出る・・・辛い
それにつけて左コーナーで一瞬ずつタイムロスしていく。
右リアが辛い・・・

8周レース、

数回レイトブレーキングを試みる。

前を走る大野選手や新井選手のインサイドへ車を並べるが、
抜くまでには至らず。


Img_1573

そのままチェッカー

完敗であった。

でも来年に繋がる方向性も見えたレースでした。
(もー、エンジンオーバーホールしかねぇーwww笑)

本人も悔しいが納得の表情であった。

結果

4位 JoyMotysIDI☆NB8 戸田選手 (シリーズ3位)

でもシリーズ3位は取れました!!!!オメデトウ!!!
振り返ると、1戦目が最高でした。
誰も予想だにしていなかったKUMHO/V700を1人だけ投入し、
完全にレースコントロール、そしてポールtoウイン
その後は全車ワンメイク(大笑)
ショートカット2戦目に向け、秋にかけて色々と車もなぶって
セットアップしたんですが、廻りはそれ以上に努力したんですね・・・

かなりめげた・・・w

もー、お店としましても引き出し空っぽデス(泣

戸田ちゃんには申し訳なかったけど、また来年いい結果
出るようお店も頑張るけんね。
でもさ、今年は自慢のNB用マフラーが出来たんで>
ストレート遅いのはマフラーのせいじゃないよ~(っと弁明 笑)

良かったです。

来年も戸田ちゃんはやる気満々ですので、また皆さん応援して
上げて下さい。1年お疲れ様でした。


さて、最後になりました。NCクラスです。


Img_1524
レース序盤

スタートに一番不安を抱えていた芝本選手がポールポジション
のAquiraStanley選手をパスし、ほぼ中盤までリードする。


Img_1543
中段グループでは完全筑波仕様のヨーヨー選手が、レースラップ
12秒で頑張っています。アラゴスタ車高調よりも明らかにロール
量の多いパーティー足を巧みに操り、立ち上がりで車速を殺さぬよう
NB・91号車さんと熱いバトルを繰り広げました。
筑波と違ってスリップの恩恵が受けられるFSW。
NBの後ろに付いた際のスリップストリームは、ご本人さんも
感動しておられました。この時点で6位走行。


Img_1599
レース終盤
ここで遂に順位が動きます。

100の立ち上がりで後ろにピッタリに付いていた
AquiraStanley選手がヘアピンの進入で、芝本選手を
オーバーテイク。序盤タイヤを使いすぎたかな?芝本選手。
それ以降、AquiraStanley選手が少しづつ2位とのGAPを作り、

そのままゴール!!!

結果

1位 Moty's☆IDI☆雷神NC  AquiraStanley選手 (2戦連続優勝)
2位 JoyMoty'sIDI☆NCEC  芝本淳選手 (公式戦初参加で表彰台ゲット)
3位 風林火山ジョイロードスター アガナ選手 (富士初表彰台ゲット)

そして、な、何と、4位には

Moty's☆IDIジョイNC のヨーヨー選手が入りました!!!

と言うのは7周目にあるドラマがあり、チャンピオン争いをしていた
2名が脱落。と言う事で、な、な、な、何とした事でしょう。

1位~4位までジョイが独占してしまいました(笑

このレースウィーク中、そんな結果にならないかなぁ~っと
思ってはいましたが、

まさか

現実になるとわ。

思わず笑ってしまいました。

本当に皆さん頑張りました。

連続優勝のAquiraStanley選手は、今年初開催された
NCクラスの初代チャンピオンに。(おめでとうございます)

2位の芝本選手もいいレースしてました。(上出来!!!)

3位のアガナ選手は今年筑波でも頑張りましたし、
富士でも念願の初表彰台でした。
でも肋骨にヒビが入っていたのは内緒でしたっけ?(笑

4位のヨーヨー選手も最後、チョコンっと接触があったみたいですが、
レース後お互い紳士的に話合えたようです

さて、今年チーム(エントラント)としましては、ドゥエンジニアリング
様の御好意で用意してくれたPITエリアに車を持ち込む事が出来ず、
代表の田知本氏にはご迷惑をおかけし、しいてはドライバー同士の
コミニュケーション不足を招いてしまった事に反省した1年でした。

その反省を元に、来年ジョイファストチームは今年産声を
上げた、富士NCクラスを盛り上げるための努力は
惜しまないつもりです。

そしてNCレース2年目の来年、早いうちにドゥエンジニアリング
様の計らいでエントラントやドライバーさん達の呼びかけで
ある行事が開催されると思います。
是非その時はまたホームページの方で告知したいと思っています。
実現出来たらいいです。

田知本さん、ホントにお願いしますm(__)m

最後になりましたが

お店は来年、富士のレース以外でも、
TC1000、日光でのロドスタ天国を主催します。
走行会を運営するのはまだ初心の素人なので、
ご迷惑をおかけする事もあると思いますが、皆さんの
レベルに合わせたクラス分けや純粋にファミリー走行で楽しんで
貰おう的なクラス、そして一所懸命汗かいて102%で走る185カップ
そして魅せる走りを追及したドリフトなど。
またプロドライバーを招いたり、招かれたりと、個々の走りのレベルを
上げ、ルールを理解し安全を確保し、楽しくモータースポーツと
接してもらえるよう、頑張りたいと思います。

長くなりましたが

以上、レース結果報告終わります


Img_1783_2

スペシャルサンクス:

手伝ってくれた仲間
かめらマンさん
大山オートさん
緑の道さん

| |

« 富士チャンピオンレース結果報告2 | トップページ | 信じられない… »