https://twitter.com/JFsajikun_ 富士チャンピオンレース最終戦: イサGメンブログ

« 合同練習してきました | トップページ | 富士チャンピオンレース結果報告1 »

2010/12/11

富士チャンピオンレース最終戦

さてと、すべての準備が整いました。

今日SHIBAちゃんが走って来て最終の確認走行して来ました。

夕方にお店に戻り、先程最後の油脂類交換して引き渡した所です。

さて、今回土壇場になってブレーキパッドの変更を行いましたが(笑
すでに両方ともフィーリングを知り尽くしたタイプですので
問題ありません。

NCと言うと車体が重く、レース用車両としてはリム幅もオフセットも
狭いためブレーキの頼りなさを痛感する所ではあります。

特にハイスピードな富士ですとそういった所が顕著でして、
ブレーキで問われる初期制動も欲しい所ですが、サーキットという
フィールドでの特性上、やはり腫れものに触れて反応するようなタイプ
では困るため踏み始めてから荷重を掛けやすく、且つ、コーナリング
出来る速度まで調整でき、リリースした際に引きずらないという物を
とことん追及して来ました。

当店ではIDIのゼロクロスシリーズでこれまでとても沢山の
タイプを投入し、富士に於いてもその中でレース用のNC車両に
マッチした物を妥協なく追求してきました。

最近では大分選ばれる摩材も安定して来たのではと、自負して
きておりますが。

ただブレーキに関して言うとドライバーの好みなどが分かれる事が
多々ありますので、人によっては一概にコレでOKという事は
言えないかもしれません。
特性を掴むまでに時間の掛かる人やそれなりに乗ってしまう人など
様々ですから、やはり最終的に自分にあったブレーキパッドを選ぶと
言うことは色々な特性の物を試す事に尽きるでしょう。

特化したスポーツパッドと言うのは、そう言う性質のものですからね。

以前良くてもそれ以上のキャパを知ってしまえば、以前使用していた
ものに戻してもその時はドライバーもブレーキの足りなさを痛感して
しまい、タイムも出ないという悪循環を引き起こし兼ねません。
セットアップに於いて幅がある(選べる)優位性は、
特化したスポーツパッドのメリットだと言えます。

よってその準備が直前になって出来たと言うのは、良かったと
思います。

さぁ、明日はいよいよ本番です。

心配なのはNCでよく起きるブレーキのスッコ抜け症状。

特にNC車両で極限の走りなどで起きるその症状は大変危険で、
ブレーキペダルが床まで入ってしまう等、の症状が頻発しています。
(勿論、しっかりと整備済みよ)

明日もう一度朝一番にNCドライバーを集めてチームだけの
ドライバーズミーティングで再度確認チェックを行うよう、指示する
つもりです。これに関しては来年の課題ですね。

いずれにせよ、泣いても笑っても明日で最後。
事故・怪我のなきよう・・・
頑張って行きましょー

Img_6691

さぁ、いざ、出陣

予選は1600クラス8時半スタート、1800/NCクラス9時半
スタート!!!!です。







| |

« 合同練習してきました | トップページ | 富士チャンピオンレース結果報告1 »