https://twitter.com/JFsajikun_ 富士チャンピオンレースRSC最終戦!!: イサGメンブログ

« 2021最終戦! | トップページ | ミシュランパイロットスポーツ4 売りたし!! »

2021/11/30

富士チャンピオンレースRSC最終戦!!

やばっ!

11月も今日で終わりじゃんねw

富士チャンピオンレースロードスターカップ
最終戦が終わって早10日w

やっとブログ更新です(申し訳ねぇw)

さて
5月の第2戦が終了してから約半年。
TOKYOオリンピックの自転車競技も終わり
FSWが再開してからは、ドライバーの皆も
精力的に練習やセッティングなど再開し、
11/1にはJOYFAST合同練習も行い、
最終戦に向けてのセットアップや、車の方向性など
確認。

そしていよいよ本番!
11/20(土)快晴

この日はTOYOTAガズーレーシング
86/BRZレース、そしてヤリスカップの最終戦と重なり
今年の2戦目はスーパー耐久の前座レースとか。
今年はいつになく賑やかな観客席の中で走れてよかったね。

1人でも多くの方に、ロードスターカップの
楽しさや魅力を感じてもらえたら嬉しいな~

1台でもエントリー台数が増えることを祈りたい。


さて、今回は新たにRSC1.5チャレンジクラスに
6号車木村選手をチームに招き入れ、既にチームJOYは
サポート台数フルMAXですw

Dsc_4461
チーム、おっさんズ(笑)
木村選手のお陰で少し平均年齢が下がったかなw

さて、キンキンに冷えた空気の中、予選開始です。
タイヤの熱入れがポイントとなります。

当然冷気ブーストも効いて、コース上ではレコードラッシュ。

総合でのトップタイムは
JoyアクレMoty'sEA を駆るゼッケン5番 山崎選手
2.07.405のコースレコード

RSC1.5オープンクラスのポールポジションは
ASMJoyND5 を駆るゼッケン23番 山本選手
こちらも2.07.607でコースレコード

RSC1.6、1.8勢もアドレナリンでコースレコードが
出ていました。1.8ではRSプロミネンスNB8を駆る
渡邉選手が2.08.810と、これまた素晴らしいタイム。
まさかタイヤがアドレナリンになり、ここまで
タイムが出てくるとは予想も尽きませんでした 笑

チームでは
RSC1.5オープン JOYアクレMoty's☆ND5を駆る
ゼッケン7番の茂木選手が総合9位のクラス3位

RSC1.8 JOY☆Moty'sアクレNB8を駆る
ゼッケン55番の澤田選手が総合10位のクラス5位

RSC1.8 JOYアクレモティーズSPTを駆る
ゼッケン111番の安田選手が総合12番手のクラス7位

そして、今回初レースデビューとなった
RSC1.5チャレンジ JoyアクレMoty's-YKNDを駆る
ゼッケン5番の木村選手が総合25位 クラス4位。
6台中4位でしたが、5位との差が約0.1秒だったので
ギリギリでした。

10時30分

いよいよ決勝スタートです。

フロントロー ポールシッターに山崎

RSC1.8の1台を挟んで

セカンド、3番手に山本

さぁ、オールレッド
ブラックアウトでレース開始

Dsc_6869
ホールショットは山崎

スタートで4番手5番手のマシンに交わされるも、Bと
スープラで2台抜き返してきた山本も3番手をキープ!

Dsc_6880
トップ2台を追う山本

が、しかし

ストレートスピードが速いRSC1.8クラス

ホームストレートで1台交わされ、1つ落として4番手

3番手争いが4台の激戦

その間にトップ山崎は逃げる!

その後ろで55号車澤田とND1.5オープンの1台と
抜きつ抜かれつのバトル。

7号車茂木は、オープニングラップのBコーナーで
後続のマシンと接触。何とか走れてはいるよう・・・だ。

ここが3台で1パック


111号の安田はもう1つ後方の隊列の中で虎視眈々と
戦況を見つめながらレースを進める。

Na5_6492

Dsc_7011
Dsc_6949
Dsc_7138
4周目の1コーナー

総合3番手争いの4台から23号車山本が抜け出す!
ここからトップ山崎を追いかけるが、その差5秒3

Dsc_6966
6号車木村選手も頑張って走っている。

さて、トップに戻ると
3番手山本が2番手を交わし総合2位に浮上!

その差4秒から3秒、2秒と詰まり・・・
ファステストを刻みながら猛追!

最後は山崎が山本を振り切り、トップチェッカー!!
山崎もファステストを記録

Dsc_4595

JoyアクレMoty'sEA 山崎善健選手
2年連続チャンピオン獲得!!
おめでとうございます!

そして2番手は・・・
山崎選手の1.5秒差まで追いついた

ASMJoyND5 山本謙悟選手
今年初参戦の富士チャンピオンレースロードスターカップ
ND1.5オープンクラス、シリーズチャンピオン獲得です。

Dsc_4599
パルクフェルメでの2人!

Dsc_4664
総合1-2
クラスは違えど同じチーム員同士。
今年はハラハラしたわ(笑)

Dsc_7375
山崎選手2年連続シリーズチャンピオン獲得です。

Dsc_7286
山本選手、初参戦にして初シリーズチャンピオン獲得!
おめでとうございます。

前オーナーの山川君も喜んでくれてます。

Nz6_5655
そんな山本選手、
JOYFAST富士ロードスターカップレースの歴史に

おいて第12代目のチャンピオンとなりました。
第13代目は誰になるのかな?


そしてRSC1.8の3位は

Dsc_7236
Joy☆Moty'sアクレNB8 55号車の、澤田薫選手

優勝した車が失格となり、その後繰り上がっての2位です!
おめでとうございます。
澤田選手もレース中のファステストを記録。

JOYFASTチームでは、レース中3クラス
ファステストラップを
記録する結果となり、
嬉しい限り。


JOYアクレMoty's☆ND5 7号車の茂木選手
レースは3位でしたが、2位の車が失格となり2位に浮上。
今年は全戦2位で優勝までが遠かった~
もう既に気持ちは来年へ向かってます。

JOYアクレモティーズSPT 111号車の安田選手
今年は学び多き1年でしたが、タイムにも速さが現れはじめ
今回の最終戦ではレーシングアクシデントはあったものの、
初ポイントを獲得することが出来ました。
戦を追うごとに顔つきも変わって来ていて、また
来年の挑戦が楽しみだわ~

JoyアクレMoty's-YKND 6号車の木村選手
初レースデビューでしたがチームにも溶け込み
まずは無事に完走出来て良かった。
自分に足りないものは何かが今回の初レースを
通じてわかったことでしょう~
前に進むしかないので、表彰台目指し頑張ってほしいな。

という事で、我らチームJOYFAST 2021年
富士チャンピオンレースロードスターカップは、
全戦全クラス合わせて10回の表彰台を獲得!
2名のシリーズチャンピオンを輩出出来ました。

これもひとえに

いつもサポートして下さっております

Moty's様 (トライボジャパン様)
アクレブレーキ様
ガレージベリー様

の、お陰で御座います。
本当にありがとうございます。

また今年はVOLTEX様にも大変お世話になりました。
あらためて御礼申し上げます。

そして、いつもサポートしていただいてます
お客様、そして応援部隊
ありがとうございました。

そしてそして、
毎回素敵な写真を撮って頂いてます

Kariya様
Nakamura様
本当にありがとうございました。
今回もお二人の写真、使わせて頂きました!
来年もまたよろしくお願いいたします。

というわけで、来年2022年・・・

チームJOYFASTはまだまだ突き進みます。
来年の開幕戦をお楽しみに(笑)

ではでは


MZRacingさん
富士チャンピオンレースロードスターカップ
記事











































| |

« 2021最終戦! | トップページ | ミシュランパイロットスポーツ4 売りたし!! »